腕時計喫茶

「微妙」な時計を愛してる

「タンクマスト ソーラービート」は小さくてもメインを張れるメンズウォッチだった(WSTA0059)

小さくても侮るなかれ!!カルティエさんの「タンクマスト ソーラービート(LM)」は男が着けてこそ色気が爆発するメンズウォッチなのでした。 今回は「ソーラービート」が私に促した「パラダイム・シフト」についてのお話です。

小さくなって獲得した「大きな魅力」(ティソ PRX 35mm)

ティソさんの人気モデル「PRX」に新たに加わった「35MM」。40ミリから大幅にサイズダウンしたことで、一体どのような変化が起きたのか…今回はその辺りをまとめてみました。

第一回「実録スウォッチストア訪問記」

8月とは思えぬ涼しい日に、思い立って渋谷の「スウォッチストア」さんまで行ってきました。 案外、こういう思い付きが幸運を呼んだりするものですが…果たして、ムーンスウォッチゲットは成るか!?

ミルガウスのオーナーで良かったこと

魅力あふれるラインアップで世界中を魅了する「ロレックス」。その中でもひときわ異彩を放つのが「ミルガウス」です。 今回は「ミルガウス」を持つことで得られる数々の僥倖について、現オーナーの立場から書いてみました。

ムーンウォッチの再評価に「ムーンスウォッチ」が果たす役割

まだまだ買えそうにない「ムーンスウォッチ」ですが、この切ない時間を最大限利用して、このブームの意味と、仕掛け人「スウォッチグループ」の巧みな戦略について考えてみようと思います。

新型スーパーオーシャンに見る「ブライトリングの本気度」

ブライトリングの「新型スーパーオーシャン」。手広く4サイズ展開という気合の入ったニューモデルからは、ブライトリングの新時代を切り拓く意志と決意が見て取れます。果たして、どんな魅力を湛えた腕時計なのでしょうか??

「カシオーク」がフルメタル化された件

いよいよG-SHOCKの「2100シリーズ」もフルメタル化。何時か必ず出してくると予測はしていましたが、いざ出てくると…さすがに似ている(笑)今回はそんな「カシオーク」の完全体についてのお話です。

「ムーンスウォッチ騒動」はその後どうなったのか??

ちょっとした社会現象にまで発展した「ムーンスウォッチ騒動」。そういえばあれからどうなった??入荷状況は??…ってなワケで現状と今後の展開などについて考察してみました。

セイコーがある幸福(キングセイコーとプロスペックスに思う)

本年作の「キングセイコー」と「プロスペックス」を使ってみたら、そこにはじんわり沁みる「幸せ」が待っていた…みたいなお話です。

約ひと月『Save the Ocean』な「SBDC165」を使い倒した結果…

「Save the Ocean」モデルのプロスペックス「SBDC165」購入からひと月が経過しました。そろそろ冷静に「最初の評価」を下せる段階に入りましたので、偉そうに色々書いてみました。いや…マジで良いですよ。プロスペックス!!

久々に突き刺さった『プロパイロットX キャリバー400』

人当たりの良い「復刻」も大好きですが「今」を写し取ったかのような尖った時計の出現を待ち望んでいる私。そこの現れたオリスの「プロパイロットX キャリバー400」は、まさに「キレッキレの今」を表現した心躍る一本です。

新作「34mm」はあっという間のソールドアウトでした(クロノブンキョウトウキョウ)

去る21日は「クロノブンキョウトウキョウ」さんの新作「34mm」の発売日でした。公式サイトで繰り広げられる「早い者勝ち」に不肖の私も参加してみましたが…その顛末と反省文がコチラです(笑)

夏の「タンク」はNATOで使おう!!(ソーラービート WSTA0059)

「タンク マスト ソーラービート」に標準装備のストラップはおよそ夏向きとは言えないので、換装することにしました。何がいいかなぁ…夏だしなぁ…やっぱアレしかないですか??

やっとこさ「タンク マスト ソーラービート」を手に入れました!!

2月に予約していたカルティエのタンク マスト「ソーラービート」をようやく入手しました。コロナ禍で製造が遅れたとのことで、待たされた分、確実に思いは募っていました。さて、世界最高峰のジュエラーが作る「ソーラー時計」の印象や如何に??