腕時計喫茶

「微妙」な時計を愛してる

「腕時計休肝日」を設定しました

体調を整えつつ「うまい酒」を呑むために「休肝日」があるのなら、より一層、腕時計を楽しむための…そう!「腕時計休肝日」があってもいいんじゃないのか…今回はそんな提案です。

幼い記憶に刻まれた腕時計ブランド

幼心に刻まれた腕時計ブランド「ラドー」と「ロンジン」。名門でありながらも近年は決してメディアを賑わす存在ではありませんでした。 しかしここ数年、どちらも面白い方向にラインアップが充実。果たして古豪の復権はあるのか!?今回はその辺のお話です。

【小ネタ喫茶】2021年2月7日 「腕時計コーナーを作りました」など3本

久しぶりの「小ネタ喫茶」開店です。 今回は独りで暮らす淋しい淋しいワンルームマンションから始まるネタを集めてみました。 オッサンの悲哀とともに御覧ください。

腕時計の桃源郷「中野ブロードウェイ」を歩けば

「サブカルの聖地」にして「並行輸入腕時計の聖地」でもある「中野ブロードウェイ」に行ってきました。知る人ぞ知る、そこは日本一の腕時計の殿堂。 専門店が火花を散らす戦場を駆け抜けた男の魂のレポートをお届けします。

腕時計購入の「動機」を考える

皆さまの腕時計を買うきっかけは何でしょうか?ボーナスが出たから?パチンコで勝ったから?違います? 今回は中々思い切れない優柔不断な私が、購入に踏み切るためのきっかけ…「動機」5選をご紹介します。だからどう?って感じですが(笑)

薄毛と腕時計のお話

若い頃から頭髪には悩まされてきた私。今は歳も歳なのでそれほどではありませんが、運命を呪ったこともありました。そんな私の現状と、さらに進行する薄毛とを覚悟した時、これから買うべき腕時計というものを考えてみました。

sarb033と035に変わる時計を「6R搭載品」から探してみた

セイコーのビジネスモデルの中で「ザ・スタンダード」ともいえるSARB033と035。その最後の砦だったアマゾンでの販売も最終章に入ったようです。ここいらで次のスタンダードを見つけるのも一興…ということで、キャリバー6R系を搭載した現行モデルから候補を探…

中古の時計は「汚い」のかって話

中古品を嫌がる人がいます。「汚いから」嫌なんだそうです。物によっては解ります。確かにできればお古は使いたくないジャンルの物…ありますよね。 だけど「腕時計」は違うんじゃないか?中古には中古の魅力があるんじゃないか? そんなお話です。

服装の変化が腕時計に与える影響について

諸事情により通勤の際の服装が変わりました。そうするとこれまで好きで集めてきた腕時計の中に、著しく利用機会が減ってしまった物が現れました。 着る服の変化は腕時計の趣味にどのくらいの影響を及ぼすのでしょうか?実体験から考察してみます。

エントリーモデルの腕時計は「フナ」である

最も安価で最も入手しやすく、扱いも簡単な「エントリーモデル」。一番最初に手に入れるタイプのカテゴリーに属する時計でありながら、実はず~っと付き合いが続いてしまうエントリーモデルの腕時計たち。それは釣り初心者が最初に親しむあのサカナにも似て…

「〇〇歳にオススメの腕時計」的な考え方に付いていけない

最近ハマってしまった「YouTube」。実は腕時計に関する番組も沢山リリースされています。今回はそこで見つけた「気になる見出し」から、私なりにいろいろ考えてみました。

大人の「腕時計人」になる時

大きくて目立つ腕時計が大好きだった若かりし頃を思い出すと、そこには若さゆえの「見栄」があったと思います。真逆ともいえる「小さくて目立たない時計」が好きになった今。それは「大人になった証」なのでしょうか?それともただの「老い」?

今年は主に「1990年代の腕時計」を狙おうかと

各ブランドの現在のラインアップしか知らなければ、1990年代の多彩な展開に驚くことでしょう。未だアーカイブとしての掘り起こし時代になっていない「1990年代」の腕時計が纏う魅力についてのお話。

腕時計にも通じる「ブランド作り」の地道さ

40年以上の家族経営を続ける老舗の喫茶店に「ブランドを守り抜いてきた矜持」を見た私。これって同じく家族経営を続ける小さな腕時計メゾンも同じなのではないか?…その地道ながらも力強い姿にスポットを当ててみました。