『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

男の身でシチズンのクロスシー「LIGHTinBLACK(ライト イン ブラック)」2022GREENEDITION(EE1007-59W)を買う(機能編)

  • URLをコピーしました!

すでに買っちゃった貴女にも、今まさに悩みの底のいる貴女にも役に立てるよう、今回は私自身も購入したシチズンさんのクロスシー「LIGHTinBLACK(EE1007-59W)」に関して、その「機能面」を解りやすくまとめさせていただこうと思います。

と、その前に…

苦手なんですが、ショートな動画を作ってみました。

youtubeの使い方がイマイチ解っていない私。これから勉強していきます(汗)

※まずはコチラからお読み下さい♬

さて、普通に使い始める分には、これほど悩まずに済む時計もないのですが、いざ機能を呼び出そうと思ったり、何かしらの不具合に出くわしてしまった場合、説明書を読まないでクリアすることは困難でしょう。

ってなワケで、このページさえブックマークしてもらえれば、説明書を読めない出先でも操作できるように、要点を整理してまとめました。緊急マニュアルぐらいに思ってお使い下さい。日本で「EE1007-59W」を購入した全ての方に目を通していただければと思います(*´∀`)

Table of Contents

シチズン ライト イン ブラック「EE1007-59W」の主な機能(daichi collection共通)は??

愛らしく美しいデザインの「EE1007-59W」ですが、見た目によらず、シチズンさん自慢の高度な機能を惜しげもなく搭載しています。まさに羊の皮を被った狼って感じ(*´∇`*)

電波時計

世界4地域5局から電波を受信。時刻やカレンダーを自動で修正します。

 世界中どこにいても正確な時刻を教えてくれる「電波時計」。今の時代、当たり前ちゃあ当たり前の機能ですが、機械式と混ぜこぜで使ってみると、その有り難みが骨身に染みます。ストレスフリーってな意味で。

エコ・ドライブ

光で充電。定期的な電池交換が不要です。

 高精度なムーブメントを搭載しているクオーツほど、電池の持ちが悪いイメージがあるクオーツ式ですが「エコ・ドライブ」なら忙しい朝に「電池切れとるがな!!」なんてこともありません。安心安心(*´∀`)

Perfex(パーフェックス)

衝撃や磁気による針のずれを防ぎ、正確な時刻表示を保ちます。

 実際、スゴい機能ですよね。確かに衝撃で針がずれることも…まぁ滅多に起きませんが、いざという時の修正機能は頼りになります。これぞ日本のテクノロジーです。

ワールドタイム

世界24のタイムゾーンを選んで時刻を表示します。

 別に海外旅行なんて行かなくても良いじゃないですか??「ワールドタイム機能」はロマンなのです。「あの人が住むニューヨーク…午前3時なのね…」なんて、アンニュイなポーズを決めて使ってみましょう(*´∀`)

パーペチュアルカレンダー

2100年2月28日まで閏年を含むカレンダー修正が不要です。

 機械式では高嶺の花の「パーペチュアルカレンダー」ですが「EE1007-59W」には当たり前のように搭載されています。「エコ・ドライブ」の二次電池が尽きるまで、日付間違いとは無縁です。

見慣れない各部の表示は何??

ダイヤルには時刻と関係ない表示が幾つもあって、初見は絶対に「ナニコレ??」です。とりあえず、覚えてもらったほうが使い勝手が良くなりますので、最小限、以下に示した部分だけは覚えて下さいね(*´∀`)

とりあえず赤丸部分だけ覚えちゃいましょう♬

基本的には「リューズ」の引き出し位置(閉じた状態➡一段目➡二段目)と「Aボタン」の組み合わせだけで全ての機能を設定できます。その状態を表すのが、特徴的な針の動きです。

充電の残量は確認できる??

秒針の動きで充電の状態を健気にお知らせしてくれます。その動きが何とも可愛い(笑)ちなみに ダイヤルの「OK」「NO」は電波の受信状態の結果を表しており、充電残量を表したものではありません。その点にご注意を(*´艸`*)

  1. リューズを一番奥「0」の位置に押し込んだ状態で、右下の「Aボタン」を押してモードに入ります。
  2. 充電残量が「十分」な場合、秒針が素早く「OK」または「NO」を指します。
  3. 充電残量が不十分な場合、秒針が反時計回りに動いたあと「OK」または「NO」を指します。
  4. 右下の「Aボタン」を押してモードを終了します。

ワールドタイムを使おう!!

「EE1007-59W」はUTC(協定世界時)基準の「タイムゾーン」を設定することで、世界各地の時刻に合わせることが可能になります。なになに~??使ってみよう!!

まずは、現在のタイムゾーンを確認してみよう!!

  1. リューズの位置を「1」にする。秒針がにょ~んと動いて現在の「タイムゾーン」を教えてくれます。タイムゾーンは文字盤の周りに刻まれた都市名で読み取って下さいね。
  2. 確認が終わったら、リューズを押し込んで通常の表示に戻ります。

タイムゾーンを海外の都市に設定してみよう!!

  1. リューズの位置を「1」にする。リューズを回して秒針を動かし、都市名から「タイムゾーン」を選んで下さい。
  2. 設定が終了したらリューズを押し込んで終了します。気分だけは海外(笑)

サマータイムを設定しよう!!

「♬サマァ~タァァァ~ィ(エラ・フィッツジェラルド)」ということで「EE1007-59W」は欧米で広く導入されている「サマータイム」を設定することができます。なんと!!「サマータイム信号」なるものを受信して、その地域に行けば勝手に切り替わるとのこと。♬サマァ~タァァァ~ィ

と、そこで気になるのは「ところで今はサマータイムなの??」ってことだと思いますが、そこも抜かりなく、ちゃんと確認できちゃうんです。

サマータイム、標準時刻、今どっち??

  1. リューズを「2」の位置にします。秒針が動いてダイヤルの「SMT」と書かれた場所まで移動します。「ON」なら「サマータイム」「OFF」なら「標準時刻」です。
  2. 確認し終わったら忘れずにリューズを戻しましょう。

サマータイムに設定しちゃえ!!

  1. リューズの位置を「1」にします。
  2. リューズを回して秒針を動かし「サマータイム」に設定したいタイムゾーンを選びます。
  3. リューズの位置を「2」にします。
  4. リューズを回して秒針を動かし「SMT」「ON」を選びます。
  5. リューズを押し込んで設定終了です。今後は「サマータイム信号」を受信して、自動的に「サマータイム」に切り替わります。

※「サマータイム信号」の有無に関わりなく「標準時刻」を表示させたい場合は、同じようにリューズを動かし「SMT」の「OFF」を選びます

ちょっと複雑な操作になりますが、覚えてしまえばお茶の子さいさいですから、臆せずやってみて下さい(*´∀`)

電波…受信できてるんか??

心配かい??ハニー( ー`дー´)

電波がちゃんと受信できてるかも、確認できるんだぜ…やってみるかい??

電波受信の結果を確認しよう!!

お住まいの地域や家屋の状況によっては、電波受信が安定しないかもしれません。心配でしたら現状を確認する手段もあります。

  1. リューズの位置を「0」にします。
  2. 右下の「Aボタン」を押します。秒針がダイヤルの「RX」の位置まで動き「OK」なら「受信成功」「NO」なら「受信失敗」を通知してくれます。かしこ~い!!(*´∀`)

電波を手動で受信しよう!!

室内に置いていても、電波の受信が上手くいかない場合もあります。そんな時は広く空が開けた場所に移動して、手動で電波受信を行うことができます。

  1. リューズの位置を「0」にします。
  2. 「Aボタン」2秒以上押し続けます。秒針が前回の受信状態を表示した後「RX」の位置まで移動。電波の受信が始まります。その後はむやみに時計を動かさないようにして下さい。
  3. 受信が終わると通常表示に戻ります。

※受信を中断したい場合は、秒針が「RX」を指している間に「Aボタン」を2秒以上押して下さい

ソーラー充電を理解しよう!!

惚れ惚れするような美しい装飾が施されたダイヤルが特徴の「EE1007-59W」ですが、その下には光を電力に変えるソーラーセルが埋め込まれています。どう見ても光を透過するように見えない文字盤なんですけどね!!(*´∀`)

ですので、毎日でなくても構いませんが、時々は窓際で日光浴させてあげて下さいね。6時間位で構いません。ちなみに、太陽に当てすぎて充電池がダメになることはありません。「過充電防止機能」が付いていますのでご安心を。

充電不足になるとどうなるの??

充電不足が起きて元気がなくなると「充電警告」として、秒針が2秒毎に動くようになります。時刻を確認する際に「なんか秒針の動きが雑なんですけど!?」って感じたら、それは時計がお腹をすかせてる証拠です。太陽に当ててあげて下さい(;´∀`)

※秒針が2秒毎に動く状態が数日続くと、充電不足で時計が停止します

環境別の充電時間は??(目安)

時計が停止してしまった状態から復活させるに十分な充電時間(光に当てる時間)は概ね以下の通りです。

晴天の屋外 2.5時間(充電完了18時間)

曇天の屋外 3時間(充電完了70時間)

30Wの蛍光灯 5時間(180時間)

 ね??充電時間ってめっちゃ長いんです。普段からこまめに窓際に置いての日光浴をお勧めします(;´∀`)

パワーセーブ機能って??

充電できない状態(箱に閉まっちゃってるなど)が続くと、節電のために自動的に針の動きが停止します。ダイヤルに光が当たって充電が始まると「パワーセーブ」が解除されて、現時刻まで針が一目散に動き始めます。冬眠を起こされた…みたいな??

時刻を自力で合わせよう!!

基本的に正しく電波が受信できて充電も良好な場合、時刻にしろカレンダーにしろ、自分で合わせる必要のない時計です。ですが「万が一」の場合もありますので、緊急時用に最低限の設定法を書いておきます。出先で時間が狂ってたら…気持ち悪いですからね(;´Д`)

時刻合わせは、オリビアならぬ「時報」を聴きながら

  1. リューズの位置を「2」にします。
  2. 「Aボタン」を押します。秒針が0秒に移動。
  3. リューズを回して「分針」を合わせます。
  4. 終わったら「Aボタン」を押して、次は「時」を調整します。
  5. リューズを回して「時針」を合わせますが、この時「サンアンドムーン」「お月さまの位置」に注意して下さい。月が真上に見えたら「午前0時」です。
  6. 無事に調整が済んだら、時報のタイミングに合わせてリューズの位置を「0」まで押し込みます。これで終了です。

何気にハマりそうな「基準位置問題」

さて、上でも説明した「サンアンドムーン」「月の位置」が真上、全ての針が「0時00分00秒」を指した状態のことを「基準位置」と呼びます。これが全ての設定の起点となるのですが…何かの拍子に狂うことがあるそうなんです。滅多には起きないと思いますが、起きると「何をやっても時刻が狂ってる!!」ってなことになりかねません。老婆心かもしれませんが、基準位置の確認と修正法も書いておきます。

  1. リューズの位置を「1」にします。
  2. 「Aボタン」5秒以上押し続けて下さい。成功すれば針が現在の基準位置まで移動します。バッチリ「0時00分00秒」を指して、お月さまも真上にひょっこり出てたら問題のない状態です。

基準位置がズレてる場合は「要修正」

ズレてしまった理由は解らないと思いますが、とにかくズレてたら「修正」です。せっかくの高機能も、時刻がいい加減なままだと宝の持ち腐れですからね(;´∀`)

  1. リューズの位置を「2」にします。
  2. リューズを回して「時針」「サンアンドムーン」「0時00分00秒」に合わせます。
  3. 修正が終わったらリューズを「0」の位置に戻しておしまいです。

禁断の最終兵器「オールリセット」

事実上は高度な電子機器である「EE1007-59W」という時計。小手先では修正できない状況も考えられます。そんな時は禁断の大技…「オールリセット」を行うしかありません。

ここまで書かせてもらった内容に従ってもらえたら、例え「オールリセット」を行っても現状復帰は行なえます。ただやっぱり怖いですよね(汗)映画に出てくる狂気の科学者辺りが「これだけは…使いたくなかった!!」とか言いそうな名前なんですもん(;´Д`)

  1. リューズの位置を「2」にします。
  2. 「Aボタン」7秒以上押し続けて離します(基準位置確認とはリューズの位置が違います。気をつけて~)
  3. 「オールリセット」が開始されます。終了まで「6分」ほどお待ち下さい。

ライト イン ブラックのブレスレットを調整してみよう!!

ややこしすぎる部分以外の機能説明は終了しました。マニュアルPDFを参照しても同じ内容が書かれていますが、モノクロの図解に固い用語が連呼される「The説明書」ってな感じですので、こちらのページを有効に活用していただけたらと思います。全ては貴女のため…頑張らせていただきました(*´∀`)

で、アマゾンさんなんかで「EE1007-59W」を買いますと「ブレスレットの調整」が頼めないワケですよね。これが嫌で「ブレスの時計はアマゾンで買わない」と仰る方もいらっしゃいました(ワシが調整したるから安心して買え!!促したこともありましたっけ)

オススメは「量販店の時計コーナー」に持ち込むことです。もちろん代金は掛かりますが、数千円ってところ。この数千円を「出したくない」と考えるなら、自力で調整するしかありません。或いはブレス調整に慣れた「腕時計マニア」を探すしかありません。近くにいます??

ってなワケで、参考になりますかどうか解りませんが「ブレス調整」を指南させていただきます。ぶっちゃけ、工具なしでは無理ですので「特殊スキルを身に付けたい!!」くらいの気合が必要かもしれません。それでもトライしたい貴女は…一緒に頑張りましょう!!(*´∀`)

腕時計のコマ詰め「三種の神器」をご用意下さい

ブレス調整「三種の神器」

さすがにコレがないと始まりません。「ハンマー」「ピン抜き」そして「ブレスホルダー(台座)」です。

アマゾンさんで探しましたら、お値段が「697円」。安いんですが「二度と使わないかも」なんて考えると勿体ない気もしますよね(汗)この先も「時計のブレス調整は自分で!!」と決意した貴女なら、思い切ってポチる価値があります。ちなみに「ベストセラー商品」を選びました(*´∀`)

1)ホルダーにブレスレットをセットします

ホルダーにブレスをセットしよう!!

ブレスレットに傷が付かないよう柔らかめの素材でできた「ホルダー」に、ブレスレットをセットしましょう。ホルダーの下に「穴」が開いていますから、その真上にブレスのコマ(ピンの位置)を合わせます。

と、ここで「注意」。コマの裏面をよく見て下さい。小さな矢印が刻まれているはずです。コレは「この方向にピンを抜いてね!!」という意味があります。ですので、矢印の向きを良くご覧になってから、ブレスレットをセットしましょう。

2)ピン抜きを使おう!!

そ~っと…そ~っとね!!

ピンの位置に「ピン抜き」を当てて、しっかり固定してからハンマーで叩きます。一度に強い力を加えるのではなく、コツコツと丁寧に叩いて下さい。ピンを抜き切ると抵抗がなくなり、ホルダーの下にピンがスルリと落下します。

3)「Cリング」は無くさないようにね!!

(注意)ちっちゃいパイプがポロッと抜けます

ここで確認して欲しいのですが、3連コマの真ん中には写真のように小さなパイプが埋め込まれています。セイコーさんの呼び名を借りるなら「Cリング」ですね。

これが鍵の役割を果たすことでピンを固定できるのですが、何せ小さいパーツです。無くすとブレスレットを繋げなくなりますので「絶対に無くさないよう注意」して下さい。外れたらセロテープなどで包むことをお勧めします。

4)手首の太さを測って合わせよう!!

秘密兵器登場(笑)

時計オタクは皆んな持ってる??かもしれない、ベルジョンさんの「ブレスゲージ」です。ご自分が使う時計なら、手首にはめて外してを繰り返せば調整可能ですが、誰かさんのための調整ということなら、こういった道具が不可欠です。

今回の目標は手首周径「15~16センチ」とします。軽い時計ですし、少し緩めがお洒落に見えるかもしれません。

5)抜くコマの数を決めよう!!

ゲージで確認しながら抜くコマの数を決めます

私は「2コマ」を抜くことに決めましたが、バックルの位置が手首のどこに来てほしいかによって、コマを抜く位置が変わってきます。試行錯誤を繰り返しつつ、今回は初期状態を参考にバックルの前後から1コマずつ抜いてみました。

繋ぎ合わせる際は、コマ裏面の矢印に沿って、ピンを打ち込みます。そうそう!!「Cリング」を予めコマに差し込んでおくこと、忘れないでくださいね(;´∀`)

6)作業終了です!!

しっかりと再接続できました(*´∀`)

繋ぎ合わせて無事に作業終了。接続状態もしっかりしています。ブレスだけは相当数調整してきましたから、何気に自信あるんですよ(*´∀`)

外れて落下する事故が起きないように、作業後のチェックも必要です。そして何より、ブレスの調整作業で「時計本体に傷を付けない」こと。こんなにキレイな時計に傷が付いたら嫌じゃないですか??慎重の上に慎重を重ねて作業して下さいね(*´∀`)

ゲージで見るとこんな感じ

最後に

如何でしたでしょうか??きっと何かのお役に立つはずだと考えながら書いてみました。恐らく同型モデルは皆同じ操作法だと思いますので「daichi collection」をお使いの方にも、そこそこお役に立つ内容だと思います。

すでに購入された方が、いざという時に「そういえば、あのブログに書いてあった!!」と思い出してくれたら最高ですし、これから購入する方にとっても、不安を取り除く参考になれば嬉しいです。安くないお買い物ですからねぇ(;´∀`)

クロスシー「LIGHTinBLACK」2022GREENEDITION(EE1007-59W)は、その外見的な美麗に目が行きがちの時計ですが、中身には世界最高峰の技術が詰まっています。絵本のような惚れ惚れする美しさと、好きのない技術の結晶…

購入を検討されている貴女は、すでにこの時計の本質に気が付いているはず。スイスの高級どころに負けない「ラグジュアリー感」は本物です。

例えば「一本くらい黒い時計が欲しい」「上質な大人時計が欲しい」そんな風にお考えの貴女にこそ手に取ってもらいたい時計。それが「EE1007-59W」なのではないでしょうか??

本日も長々とお付き合い、ありがとうございました(*´∀`)

※データシートも付けておきます(*´∀`) 

〈クロスシー〉daichi collection LIGHT in BLACK 2022 GREEN EDITION

限定モデル:税込み価格¥115,500

リファレンスナンバー EE1007-59W
キャリバーNo. H296
動力 光発電エコ・ドライブ
精度 ±15秒/月(非受信時)
重量 38g
厚み 8.8mm
ケースサイズ 横幅 29.0mm
ケース素材 スーパーチタニウム
ケース表面処理 デュラテクトDLC(ブラック色)
バンド素材・タイプ スーパーチタニウム(三ツ折れプッシュタイプ)
バンド幅 13.0mm
バンド調整(腕周り)サイズ 118~180mm
風防 球面サファイアガラス(無反射コーティング)
防水性能 5気圧防水
アレルギーレベル 耐ニッケルアレルギー
耐磁性能 耐磁1種
機能 充電残量表示機能
充電警告機能
過充電防止機能
パワーセーブ機能
フル充電時約4年可動(パワーセーブ作動時)
日中米欧電波受信
受信局自動選択機能
定時受信機能
強制受信機能
絵表示(サンアンドムーン)
ダイレクトフライト
ワールドタイム(24時差)
サマータイム機能
パーフェックス(JIS1種耐磁、衝撃検知機能、針自動補正機能)
原産国 日本製
メーカー保証 1年間メーカー保証 (MY CITIZEN登録で2年間に延長)

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメントする

Table of Contents