『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

ノードグリーンのドレスウォッチ『NATIVE』を使ってみた!!

nordgreen-native
  • URLをコピーしました!
出典:nordgreen

 少し前に「腕時計喫茶」の方でノードグリーンさんに関する記事を書かせてもらいました。北欧系の時計を取り上げること自体が稀でしたので、書いてみると私自身、細かな気付きがあったと思います。例えば、高級腕時計のそれとは方向性が異なるものの、リーズナブルな価格での展開が多い北欧系ならではの「充実」或いは「満足」があると知ることができたのは収穫でした。要するに、高けりゃエラいってものじゃないのですよ!!(*´∀`*)

出典:nordgreen
Table of Contents

自分で使わないと腕時計の真価は計れない

nordgreen2023new
出典:nordgreen

 普通に考えれば、高価なものなら満足度が高くても「当たり前」じゃないですか??100万円の時計が1万円の時計に勝る…当然ですよね。だけど100倍凄いかって言われたら…それは無いと断言できます。ある程度の精度が保証された時計である時点で、ぶっちゃけ大した差はないのです。まぁそこを自覚しつつ散財してくれる奇特な御仁がいるからこそ、腕時計の世界は成り立っているのですが(;´∀`)

 腕時計趣味が面白いのは、まさにそこなんです。個人個人が思い思いの価値基準でお金を支払うのですから。例えば、進んでブランドの対外的な「ステータス」に踊らされる人もいれば、時計職人が聞いたら涙を流してハグしてくるような「隠れた価値」に大金を払う人もいます。どちらが上等なお金の使い方か??そこは人それぞれでしょう。

 とは言え、私自身はできれば後者でありたいと思っていますし、そういう「深い目線」で発信するブログ作家でありたいとも思っています。けれど、手っ取り早く得られる関連情報はどれも似たりよったり。独自の切り口を探すための糧に成りうるものは多くありません。う~ん、やはり…語りたい時計に関しては「自分のものとして使う」に勝るものはないのです。自分が持ってもいない時計についても書けますし書きますが、やはりその「太刀筋」は甘くなってしまいます(;´Д`)

ノードグリーン「NATIVE(ネイティブ)」がやってきた!!

nordgreen
出典:nordgreen

 で、先述のノードグリーンさんの時計から36ミリサイズの「NATIVE(ネイティブ)」を手に入れてみました。「腕時計喫茶」でも書かせていただいた通り、あの極めてシンプルながら妙に「色気」のあるデザインがずっと気になっていたのです。私のコレクション内で「2針」は貴重品ですしね(*´∀`*)

 さて、上品な箱に収められて届いた「ネイティブ」。私が選んだのは「イエローゴールドのケース」に同じく「イエローゴールドの5連ブレス」、さらに深い色合いの「ブルーのサンレイダイヤル」でした。オーソドックスなドレススタイルに、敢えて「派手めなカラーリング」をチョイス。この「真意」については、別の機会にでも書かせてもらうとして…

nordgreen-native
イエローゴールドの外装に、引き締まったブルーのダイヤルが映える「NATIVE」

 まず手にとって「想像よりもずっとカッチリした作り」に驚きました。北欧系には総じて「華奢」なイメージがありましたし、況してやその中でもスレンダーな「ネイティブ」は尚更だろうと思っていたのです。その予測は良い意味で裏切られました。

侮れない出来のジュビリー風のブレスレット「NATIVE」

 特に「ブレスレット」はそれ単体でも価値のある作りでした。安いブレス特有のシャラシャラしたところもありません。エンドピースが「直カン」ですので、ラグ幅さえ合えば他の時計にも移植が可能でしょう。5連のジュビリー風ということもあって、見た目の高級感も十分に備えています(*´∀`*)

シンプルだからこそ、凛とした緊張感に包まれる「NATIVE」

 バーインデックスはアプライド風で立体感があります。「3と9」だけが若干長めになっており、デザイン上の良いアクセントに。日付表示のない「ノンデイト」であることも、この際は美観の向上に一役買っていると思います。もしも日付窓があったなら…この雰囲気にはならなかったでしょうね(;´∀`)

スマホのカメラでは伝わらないかもしれませんが、表情豊かなダイヤルです「NATIVE」

 ダイヤルの「サンレイ処理」も実に丁寧な仕上げ。針とインデックスが落とす僅かな影がダイヤルに変化をもたらし、す~っと視線が吸い込まれるような感覚を覚えます。北欧の海の色ってこんな感じかも…キレイですよ(*´∀`*)

 イエローゴールドにしてみたのも大正解。これが中々上品な金色で、このモデルの雰囲気とも絶妙に合っていました。こうして手元で見ると、実際の価格より随分と上位の時計に見えます。「高見え性能」って言うのかな??ありますね(*´∀`*)

万人にお薦めできる腕時計の「正解」

クラシックの流儀に則った小さなリューズ「NATIVE」

 見た目の「格」はそのままに、それでいてコンフォータブルな使用感。「格好良さ」「可愛さ」「美しさ」を犠牲にすることなく「肩のこらない快適さ」を併せ持つのは「北欧系時計の真骨頂」ですよね。そしていざ入手してみると、「気軽さ」「快適さ」だけじゃない、何かちょっと「自慢したくなる」ような気持ちも浮かんでくるのでした。プロダクトの方向性として「皆んなが探している正解がここにもあるぞ~!!」みたいに宣言したくなるのです(*´∀`*)

 とりあえず、ノードグリーンさんの時計についても「触って、見て、使って」そして文章化することができました。ようやく「責任を果たせた」みたいでホッとしています。

最後に

出典:nordgreen

 それにしてもウチのスマホのカメラと相性が悪いのか、中々良い感じの写真が撮れませんでした。ゴールドケースはホンマに難しいのです。う~ん…どうしましょ。腕時計しか撮らないと思いますが、カメラ買っちゃっても良いですか??(;´∀`)

 今回はサクッと「開封の儀」的にまとめましたが、これからしばらく、私自身の暮らしの中に落とし込んでから、細かい使用感なども書きたいと思います。

 手頃なお値段だし、軽いし、やたらお洒落に見えるし…ホンマに「北欧系プロダクト」って侮れませんねぇ~。色違いで揃えて洋服のように着替えてみたり、パートナーとお揃いにして時々は交換してみたり…なるほどなぁ…何十万円、何百万円の腕時計趣味とは種類の違う「愉しみ」がここにはあるということですな!!そりゃあ「高性能なお洒落アンテナ」をお持ちの女性たちに支持されるはずだわ!!(*´∀`*)

ブログランキングに参加中です

nordgreen-native

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメントする

Table of Contents