『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

腕時計喫茶投稿500本記念「松下庵ストラップ ダブルプレゼント」抽選結果発表!!

  • URLをコピーしました!

【※このコンテンツはプロモーションを含みます】

 全世界の「松下庵」ファンの皆さまこんばんは!! 本日は浅草と蔵前に挟まれた場所に位置する手作り腕時計ストラップの殿堂、松下庵さん本社からお送りしております!!

 解説は現役当時「不沈猫」の異名を取った元レスラーの「パネライ猫」さん。実況はワタクシ、砂布巾でお送りします (*´∀`*)

砂布巾

「蔵前といえば今は無き『蔵前国技館』ですよね。解説のパネライ猫さん」

パネライ猫

「両国以前の大相撲の殿堂といえば『蔵前国技館』。そして全日本、新日本の両メジャープロレス団体が打つ大きな興業でも『蔵前』は使われていたニャ。UWFも使ってたニャ~」

砂布巾

「そう言う意味では『格闘技の聖地』でもあるわけですが、そこに暖簾を掲げる『松下庵』さんについては如何がお考えですか?? パネライ猫さん」

パネライ猫

「松下さんの作るストラップの戦闘力は、本気を出したときのジャンボ鶴田選手に匹敵するくらい強烈ニャ。蔵前国技館同様、松下庵も『戦いの聖地』と呼ぶに相応しい場所ニャ」

砂布巾

「なるほど… 『パネリスティの聖地』であると同時に『戦いの聖地』でもあると。パネライ猫さんのお考えよく解りました」

【Aコース】ノボナッパの「ベルクロタイプ」は誰の手に!?

砂布巾

「さて、本日の『ダブルメインイベント』ですが… まずはセミファイナル、Aコース『HAAS社 Novonappa ベルクロ仕様(24mn ― 22mm)』の選手権試合。解説のパネライ猫さんはこの試合、どのように予想されますか??」

パネライ猫

「ラグ幅24ミリに恐れをなして多くの対戦者が辞退したと聞いてるニャ。ここはハンセン選手に真正面からぶつかって幾多の名場面を作り上げた天龍選手を見習って欲しいニャ」

砂布巾

「例え使える時計を持っていなくても、当選した後でラグ幅24ミリの時計を買えば良いじゃないかと??」

パネライ猫

「そういうことニャ」

砂布巾

「なるほど… グーパンチでハンセン選手を本気にさせた天龍選手のように、後先考えない気持ちで行けということですね!!」

パネライ猫

「ストラップのために腕時計を買ったって構わニャい。そういう発想の転換… 猪木さんが述べるところの『風車の理論』が大切ニャ」

砂布巾

「猪木さんには『さん』付けなんですね… 解説のパネライ猫さん曰く、最後まで諦めずに逆転を狙えみたいな意味だと理解しました!!」

砂布巾

「それでは皆さまお待ちかねのセミファイナル、今ゴングです!!」

Aコース クジ引き(正面:松下代表、実況:砂布巾)
砂布巾

「激しい肉弾戦でしたね!!」

パネライ猫

「勝利したのは『masasas選手』でしたが、展開は紙一重だったニャ」

砂布巾

「パネライ猫さんは『masasas選手』の勝因をどのようにお考えですか??」

パネライ猫

「弱点狙いの一点集中が功を奏したと思うニャ」

砂布巾

「一点集中??… 何はともあれ『masasas選手』おめでとうございます!!」

【Bコース】ヴィンテージ「LVレザー」使用の一点物は誰の手に!?

砂布巾

「続きまして本日のメーンイベント、Bコース『LV ✕ Tiffany VUITTONの鞄から作ったストラップ(20mm ― 16mm)』の選手権試合です。軽量級ですが技巧派の戦いが期待できそうですね!!」

パネライ猫

「多くの腕時計にフィットするサイズだから、応募も集中したと聞いているニャ。しかしこれは意外と難敵ニャ」

砂布巾

「と言いますと??」

パネライ猫

「LOUIS VUITTONの革から作る『松下庵』なんて滅多に見られないニャ。何事も初見の技は防御も難しいのニャ」

砂布巾

「詳しくお願いします!!」

パネライ猫

「初めて目の当たりにしたマスカラス選手のクロスボディーを避けられるかニャ??」

砂布巾

「なるほど!!解りやすい例えです。さすがはパネライ猫さん」

砂布巾

「それでは全世界が注目する一戦、本日のメーンイベント。今ゴングです!!」

Bコース クジ引き(正面:松下代表、実況:砂布巾)
砂布巾

「パネライ猫さんの予想通りテクニカルな展開でしたね!!」

パネライ猫

「最後は危険な角度のジャーマンが決まったニャ」

砂布巾

「封筒の中でそんな攻防が!?」

パネライ猫

「あれは誰も立てないニャ」

砂布巾

「解説のパネライ猫さん、戴冠した『rata選手』にはどのようなエールを送りますか??」

パネライ猫

「LVレザーだからと気負わず、己の腕時計道を邁進して欲しいニャ。何なら同じヴィトンのタンブールを買って付けたって良いのニャ。ラグ幅が何ミリかは知らないけどニャ」

砂布巾

「現行品だと300万円近いじゃないですか!? また無責任な提案を… とにかくも『rata選手』当選おめでとうございます!!」

砂布巾

「それでは皆さま、蔵前国技館跡地にほど近い『浅草・松下庵』からお別れです。解説のパネライ猫さん、ありがとうございました!!」

パネライ猫

「ありがとうございましたニャ」

「緊張した~」
「変な汗出た~ クチ乾いた(笑)」

masasasさま、rataさま、当選おめでとうございます♫

 改めて当選したmasasasさん、rataさん両氏に拍手を贈りたいと思います。性格のまるで異なる2本のストラップをお二方がどのようにお使いになるか… 私も楽しみで仕方ありません。後々、使用感なども教えていただけましたら、松下さんと共有してニヤニヤさせていただきます (*´ω`*)

 惜しくも当選を逃した皆さまにも、私から最大限の感謝の気持ちを捧げたいと思います。皆さまがいなければ、ここまでの盛り上がりは望めませんでした。多数のご参加に感謝申し上げます。

 そして何より、弊サイトの記念イベントに率先して協賛いただいた「松下庵」さまに重ねて感謝したいと思います。恐らくはワタクシ、終生頭が上がりません(笑)

今後も腕時計喫茶の投稿本数「100本刻み」で『松下庵』が継続参戦決定!!

松下代表にパネライ猫と同じポーズをお願いしました

 有り難いことに松下さんの方から「今後も続けましょう!!」と仰っていただきました。100単位のキリ番ごとに、これまた「何か面白いもの」で協賛して下さるとのことです。今回の抽選に惜しくも敗れてしまった皆さまも、この先の機会に無念の気持ちをぶつけて再チャレンジしていただければと思います。すでに「キリ番企画はオリジナルプロダクトを作る」ことだけは決まりました。恐らく次も「垂涎のユニークピース」です(笑)

 実はずっと不思議に思っていました。松下庵さんの立っている位置を考えたら、腕時計喫茶とコラボしたところでこれと言った旨味はないのです。そもそもブランド力が天と地。実際サラリーマンが片手間で書いているだけですもん。ただ、松下さんに言われたんですよ。「すでに普通のブログではないですよね??」と。そして既存メディアにはない「面白さがある」と。

 思い返せばCELIEUのnakazawa氏にも「もはや独立したメディア」と言われたことがありました。何がお二人にそう言わせたのかは解りません。正直、過大評価だと思います。しかし、私が逆立ちしても敵わないと脱帽する「熱さ」を持ったお二方から同じように評価されたことで、朧気ながら私の進む道も決まりました。取り敢えずの目標として「投稿本数1000本」を目指します。気の遠くなるような目標ではありますが、暖簾を下ろさない限りはいつの日か達成できるはずです (*´∀`*)

蔵前=プロレス(単純)

ストラップマニアが火花を散らすに相応しいロケーションです

 今回は全くの思い付きで昭和のプロレスっぽい展開を作ってみましたが… 楽しんでいただけましたでしょうか?? 私が松下庵さんに伺う際は大江戸線の「蔵前」で下車するのですが、毎度毎度ちょっとウキウキしちゃうのです。だって「蔵前国技館」があった蔵前ですもん。昭和のプロレス好きとしてはタマランわけですよ。確か蔵前のラスト辺りでは鶴田選手と天龍選手が組んでましたっけ… うっ… 夢があり過ぎる!!

 ちなみにハンセン×天龍といえば、龍原砲が起こした「ハンセン失神事件」が有名です。その後のド派手な展開もあって「文体(横浜文化体育館)」のイメージが強いかもしれませんが… マニアの皆さま、その辺の細かいツッコミはご容赦下さい(笑)

 奇しくも今回爆誕した「パネライ猫」ですが、脳内設定での経歴は元プロレスラー。器具を使わず自然石を持ち上げて鍛え上げた肉体(特に太い手首)が自慢。引退後は浅草で人気のもつ鍋屋「羽゜根来」を経営。パネライで好きなモデルは断然「ルミノール マリーナ」だそうです。

※ 抽選の当日、何だかテキトーな話の流れから「パネライ猫」さんが「松下庵公式猫キャラ」に採用されました。やったー!! Tシャツ、Tシャツ!! (*´∀`*)

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメント一覧 (2件)

  • 今回も面白い企画ありがとうございました!
    ハズレましたが抽選のワクワク感が味わえて楽しかったです!

    ベルクロの方のベルトは当たった方がどんな風に使うのか
    楽しみです!w

    • Y太さま。
      残念な結果になってしまいましたが、ご参加に心から感謝です。

      今回は協賛して下さった松下さんが楽しみながら試行錯誤したストラップを提供して下さったことに尽きます。
      「是非、次回もやりましょう!!」と約束しましたから、次もぜひぜひご参加下さいね!!
      ストラップじゃないかもしれませんし(笑)

コメントする

Table of Contents