『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

次の『チプカシ』はこの5本!?「AQ-800E-7AJF」に続く逸品は??

  • URLをコピーしました!

「チプカシ」コレクションの中から、我流の視点でお勧めの「10本」を選ばせていただいたコチラの記事。

お陰さまで多くの皆さまが読んで下さいまして、最近書いたものの中ではそこそこの「スマッシュヒット」となりました。この場を借りて御礼申し上げます(*´∀`)

で、その記事の最後に私はこう書いたはずです。「何かしら一本でも買わないと今夜は眠れそうにない」…と。

実はその後…公開から3分以内だと思いますが…とある「チプカシ」をポチりました。ある意味「有言実行」ですな(;´∀`)

「安いんやし、買ったらエエがな!?」というご意見も聞こえてきそうですが、この「チプカシ」に限らず、安価な腕時計に無闇に手を出すのは「すこぶる危険」です。あっという間に数十本に到達するのは目に見えてますし、それらを意識的に日々のローテーションで使うには…人生は短すぎるのです(;´Д`)

…まぁ買ってしまったものは仕方がない。ということで、何を買ったのかをご紹介します。コチラっす!!

Table of Contents

CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)「AQ-800E-7AJF」

久しぶりの「チプカシ沼」に火をつけた一本

「どうせそれやと思ってたわ!!」…えっ!?予想通りですか??なんだか恥ずかしいなぁ…(;´∀`)

まぁ「一目惚れ」に近い感じでした。何とも言えない可愛さにやられたって言いますか…メンズもレディスも関係のない時計が多い「カシオ スタンダード」ですが、その中でも「AQ-800E-7AJF」は極めつけというか…男性も女性も「全く無理せず使える時計」だと直感したのです。ならば仕方がない。自分で買って確認しなくちゃ…でしょ??

てなワケで、久しぶりの「チプカシ購入」です。これまで長きに渡り「スルー」してきた努力は無駄になりましたが、だからといって「無限増殖」が始まると決まったワケではありません。大人になりましたからね!!十分すぎるほど大人に!!(;´Д`)

ちなみに自分でも良く解りませんが、今回はカシオさんの「公式オンラインショップ」で購入。もちろん、アマゾンさんを使えばもっとお安く買えちゃうワケですが…何故か「公式」に拘ったのです。自分自身、無意識のうちにケジメのつもりでそうしたのかもしれません。或いは再び「終わりなきチプカシ道楽」が始まることへの記念として…(;´Д`)

「高級」を超える感動「AQ-800E-7AJF」がやってきた!!

意外とちゃんとした箱が現れた(AQ-800E-7AJF)

家電量販店やカメラ屋さんの「レジ横」などにぶら下がった状態、所謂「ついで買い扱い」で売られることが多い「チプカシ」です。安いボールペンのような袋や最低限のプラケースに収められた光景は、見るものに何ともいえない悲哀を感じさせます。ドン・キホーテやホームセンターで見かければ、より一層メランコリーな気持ちを抱くでしょう(;´Д`)

ですが、公式オンラインショップから届いた「AQ-800E-7AJF」は違いました。本体価格から言えば十分すぎる出来の紙箱に収められ、恭しく祀られた時計本体からは「安くても舐めんなよ!!」というメッセージを感じました。絶対にちゃちい包装でやってくると高を括っていましたからねぇ。少なからず面食らった私(;´∀`)

簡易ながら枕を抱くお姿(AQ-800E-7AJF)

包装って大事ですね。やはり「蓋を開けた瞬間に顔を出す時計との邂逅」というエクスペリエンスがあるとないとでは、その後の腕時計との付き合いも変わってくるような気がします。ロイヤルコペンハーゲンのお皿に載せた「チロルチョコ」と、ティッシュペーパー一枚の上に載せた「チロル」とでは、心理的な美味しさも自ずと変わってくるでしょうから( ー`дー´)

箱の中にはシリカゲルの袋も。安価な商品の宿命…過酷な保管環境が伺いしれます。もうこの時点で「保護猫を受け入れた」みたいな心境になってしまい「AQ-800E-7AJF」に対する愛しさが爆発しました(*´∀`)

「当たり」の予感しかしません(AQ-800E-7AJF)

初めて近接で拝む「AQ-800E-7AJF」のお顔。コレは美しい…ケース正面から見たデザインの完成度の高さに圧倒されました。コレ…どこぞのラグジュアリーブランドのロゴに差し替えたら、しれっと50万円くらいで売れちゃいそうじゃない??

「AQ-800E-7AJF」麗しき「顔」の魅力

怖いくらいの美しさ(AQ-800E-7AJF)

1980年代の「AQ-450」をオマージュした「AQ-800E-7AJF」。そのダイヤルはご覧の通り上段のアナログ2針、下段のデジタルに分かれた「アナデジスタイル」です。上段のダイヤル、上品な光沢のシルバーダイヤルに記された「方眼」がとても緻密で美しく、キリッとした緊張感を生み出しています。インデックスはところどころが「アプライド風」。徹底的にシンプルな作りの針にも、間違いなく価格を超えたクオリティーがあります。「2針」っていうのが、これまた高級感を醸し出していますね。秒針が無けりゃクオーツかどうかも解らんワケで。

影によっては見辛さも感じるデジタル表示(AQ-800E-7AJF)

下段のデジタル部は老眼の私でも充分視認できるサイズがあります。ただ一点、惜しいところを上げるなら、デジタルの表示部が奥まったところにあるので、前面の化粧板が落とす「影の影響が強い」ところでしょうか。角度によっては3分の1が真っ黒…なんてこともあります。まぁ、デジタルがメインの時計ではありませんからね!!ここは気にしないことに(笑)

ケース素材は「樹脂」だそうだが…マジで??

樹脂を極めたケース(AQ-800E-7AJF)

嘘やん??これ樹脂なん??(笑)何とも美しく整形されたプラケースです。メッキも丁寧で、一見ステンレスと見分けが付かないくらい。いやいや!!仕上げ表面がコレくらいのレベルのSSケース、実際あるもんなぁ~(;´∀`)

さすがは樹脂と歩んで成功を収めてきたカシオさんです。そこには「安いけど、絶対に安もんとは言わせへんでぇ!!」みたいな覚悟を感じます。こういうところですね。「チプカシ」が広く支持される所以は。

機能性に特化したケースデザインからは凄みというか…力強さと潔さのようなものを感じました。この価格でこの完成度です。何かもう…「腕時計の価値って何だろう??」ってシミジミ考えさせられますね(*´∀`)

違和感なく伸びるブレスレット

レトロフューチャーなブレス(AQ-800E-7AJF)

樹脂のケースから伸びるのは「ステンレスの巻き板ブレスレット」。異素材同士の連結とは思えぬ違和感の無さが素晴らしいです。ケース直近から急激にテーパードされるスタイルのセンスも抜群。この辺りの抜かりの無さも「AQ-800E-7AJF」「一端のラグジュアリー」に仕立てていると感じました。

横長の一コマを連結させたシンプルなブレスですが、いい感じの遊びがあって装着性は高いです。文句なしに軽く、ストレスの少ないブレスだと思います。手首周径は13.5~20.5センチの範囲で対応。これでダメって人は滅多にいないでしょうねぇ。

必要にして十分なバックル(AQ-800E-7AJF)

仕上げもこの価格を考えれば上等です。バックルは目の細かいミラネーゼでよく使われるタイプ。多少装着にコツがいりますが、慣れてしまえば何のこともあらんでしょう。落下には注意してくださいね(;´∀`)

普段遣いには十分な性能??防水は??

ストレスのない着け心地(AQ-800E-7AJF)

上品な2針のアナログダイヤルの下段に申し訳程度に覗く「デジタルウォッチ」ですが、侮るなかれ「ストップウオッチ」「アラーム」「デュアルタイム」など、日々の生活に便利な機能を搭載しています。何気にコレ使えますよ~(*´∀`)

全体重量がたったの「52グラム」しかありませんから、朝から晩まで着けっぱなしでもストレスは皆無でしょう。ただ、防水性能が「日常生活用防水」しかありませんから、時計を着けたままじゃぶじゃぶお洗濯みたいなことは、控えたほうが良いでしょうねぇ(;´∀`)

※取説へのリンク貼っておきます(*´∀`)

https://support.casio.jp/manualsearch.php?cid=002&MODULE=5696

さぁ~て次はどの「チプカシ」にしようかな??

無性に…集めたい!!(AQ-800E-7AJF)

久しぶりに手に入れた「チプカシ」。いやぁ…この価格(6600円)で、腕時計の楽しさを味わい尽くせる「費用対満足」の高さは驚異的過ぎるでしょう??そうなんすよ…コレだから軽々に触れてはいかんのです。「チプカシ」というコレクションには(;´∀`)

という反省はあるものの、開けてしまった扉はそう安々とは閉まらないものです。次から次へと目移りを誘う時計が、隙間を抜けて湧いて現れるのですから…ならば仕方ない。男は黙って受け入れるのみです!!

ってなワケで早々に、今回購入した「AQ-800E-7AJF」「次のチプカシ」を考えたいと思います。前回「カシオスタンダードから満足の10本」として書かせていただいた記事をなぞる部分があるかもしれませんが「AQ-800E-7AJF」を購入した直後に起きた衝動を発露に、飽くまで具体的な「次に購入する一本」を探すことにします。絞って絞って…「5本」選んでみましょう!!今回は完全に男子の視点です(*´∀`)

1本目:AQ-163W-1B1JH(カシオコレクション)

出典:https://www.casio.com/jp/

唐突ですが私、何気にリニエージ「LIW-M610D-2AJF」のデザインが大好きなんですよ。2013年発売ですから結構古いモデルなんですが、その「時間経過」自体が味わい深いとでも言いますか…最近作にはない郷愁がたまんないのです。見ると自然と泣けてくる…って、ちなみにコレですよ⬇︎

ね??何か解んないけど、格好良いでしょ??

で、肝心の「AQ-163W-1B1JH」なのですが…これまためっちゃ格好良くないですか??複雑に成形されたケースは上品ですし、特殊な形状のラグにも何ら嫌みがありません。そしてこのダイヤル!!リニエージ「LIW-M610D-2AJF」にも通じる部分ですが「何をどうすれば格好良くなるか」を知り尽くしたカシオさんが、敢えて「さらっと」流して作ったような「脱力」。刃牙で言うところの「消力(シャオリー)」です。これこそ腕時計の「粋」ってものでしょう。

例えるなら9回ツーアウト満塁の場面で放つ「流し打ちのライト前」。満塁弾で格好良く決めようなんて無粋。そんな矜持すらも感じる「AQ-163W-1B1JH」「滲み出る玄人感」…その理由はさっぱり解りませんが、やたらと色気を感じる不思議な時計です。しかもお値段、たったの「4400円(税込み)」ですよ??あり得んでしょ。

ケース幅は「43ミリ」ありますが、重さはたったの「40グラム」です。G-SHOCKのシンプルなモデルの影響を感じるデザインですが、全体的にはプレーンなルックスですから、例えば「G-SHOCKだとどうもそぐわんなぁ~」みたいなシーンでも、大いに使える可能性があります。

ゴチャゴチャと多機能な「AQ-163W-1B1JH」ですが、さすがはカシオということで電池寿命は「5年」です。ここまで長けりゃ、ソーラーか否かなんて、正直どうでも良くなります。

発売年月 2021年7月 価格 4400円(税込) ケースサイズ(縦×横×厚さ) 46.7 × 43.1 × 16.2ミリ 質量 40グラム ケース・ベゼル材質 樹脂/ステンレススチール バンド 樹脂バンド 防水性 10気圧防水 電池寿命:約5年 精度 平均月差:±30秒 機能(ワールドタイム、ストップウオッチ、タイマー、アラーム、ELバックライト、フルオートカレンダー)

※アマゾンさんだと「30%引き」でした(10/12時点)さらに安くなるんかい(笑)

2本目:A168WA-1A2WJR(カシオコレクション)

出典:https://www.casio.com/jp/

「Theチープカシオ」とも言うべき完成されたフォルム。それでいて常に数歩先の未来が見える佇まいには、カシオの真髄が垣間見えます。ダイヤル面で高らかに機能紹介する「書体」だって、今なら一周回って格好良く見えますね(*´∀`)

それにしても…これはカシオさんの時計全体に言えることですが、デザインだけに注視するとそれが「新しいのか古いのか」解らなくなってきませんか??まるで出自不明の「オーパーツ」のように、懐かしさと未来感が同居しているのです。

最も成功した「チプカシ」であろう「F-91W」なんて、どれだけ買い替えても毎回新鮮な気持ちで使えちゃえますしね。「飽きさせない性能あり」とスペックシートに書くワケにはいかないでしょうけど、実際「チプカシ」最大のストロングポイントは「飽きない」ことでしょう。

私なんかもそうですが会社員が普段、会社と家の往復をするだけなら、これ以上の時計は必要ないワケです。時計として足りないものが無いのだから、大抵はコレで満ち足りてしまいます。いやそれどころか「チプカシ」のこの辺りのモデルは、高級腕時計という「金のかかる趣味」へのアンチテーゼとして、同格の必然性を持ってこの世に存在している…そんな風にも思えます。

ロレックスやグランドセイコーなど、立派な時計をお使いの方が「箸休め」として用いるのも「粋の世界」を感じさせますし、高級時計なんて必要ない!!と仰る方が堂々と使うのもサマになります。安くたって「腕時計としての価値はすこぶる高い」のですから(*´∀`)

発売年月 2021年7月 価格 3300円(税込) ケースサイズ(縦×横×厚さ) 38.6 × 36.3 × 9.6ミリ 質量 50グラム ケース・ベゼル材質 樹脂 バンド メタルバンド(ステンレススチール)フリー式中留 防水性 日常生活用防水 電池寿命 約7年 ストップウオッチ 時刻アラーム ELバックライト オートカレンダー 精度 平均月差:±30秒 12/24時間制表示切替

※アマゾンさんだと「30%引き」でした(10/12時点)

3本目:MDV-107-1A3JF、MDV-107-1A2JF、MDV-107-1A1JF(カシオコレクション)

出典:https://www.casio.com/jp/

「フロッグマン」のように凝りまくったダイバーズは存在しても、意外とストレートな「ダイバーズスタイル」が少ないカシオさん。まぁ20気圧防水なんて当たり前!!みたいなプロダクトですから、今更解りやすい見た目でダイバーズを標榜する必要性もないワケですが…(;´∀`)

とはいえ、ダイバーズの一般的なカウントアップベゼルを搭載したモデルがないワケではありません。しかもそれが、廉価な「カシオコレクション」に集まっているという不思議(笑)

「新作」と呼んでも構わない22年5月発売のこちら「MDV-107-1A3JF(1A2JF、1A1JF)」「20気圧防水」。仕様上は素潜り程度に使える性能がありますが、そのルックスだけで「丘ダイバー」を気取るのもは楽しい時計だと思います。地味だけど、ダイバーズ好きを唸らせるに十分な「正統派」のデザインが魅力です。

サイズは横幅「44.2ミリ」。まぁデカいっちゃデカいですね(汗)…ですが重量はたったの「92グラム」。まず気にならないと思いますよ~(*´∀`)

個人的にはペプシなベゼルの「MDV-107-1A3JF」にグッときますね。気兼ねなく普段使いできる時計ですし、そのスポーティーなルックスと相まって、近所のジムなんかに連れて行くとほんのり気分が上がるかもしれません。爽やかな汗も似合うでしょうし!!

ちなみに「カシオコレクション」ですがケース素材は「ステンレス」。いやぁ立派なものですよ。「チプカシ」とはいえ、何一つ諦めることなく使える時計であることは間違いありません。ただ…その分少し高価です。メーカー希望小売価格「1万1000円(税込)」。いや…物としてはコレでも十分に安いんですが、ずっと「チプカシ」ばかりを見ていると感覚が麻痺しちゃうんですよねぇ(;´∀`)

発売年月 2022年5月 価格 11000円(税込) ケースサイズ(縦×横×厚さ) 49.5 × 44.2 × 12.1ミリ 質量 92グラム ケース・ベゼル材質 ステンレススチール バンド 樹脂バンド 防水性 20気圧防水 電池寿命:約3年 精度 平均月差:±20秒 その他機能 日付表示

※アマゾンさんだと「20%引き」でした(10/12時点)

4本目:A100WEF-1AJF、A100WEFG-9AJF(カシオスタンダード)

出典:https://www.casio.com/jp/

カシオが初めて樹脂ケースを採用した「F-100(1978年発売)」。1979年のSF映画「エイリアン」で、ヒロイン役を演じた「シガニー・ウィーバー」扮するクールビューティーなヒロイン「リプリー」が着けていたことで知られる時計です。確か強引に2個連結させてませんでしたっけ??

「A100」シリーズはそんな「F-100」を復刻したモデル。その「A100」シリーズに新たに加わった樹脂製ストラップモデルがこちらの2本です。2022年10月発売の新作ですぜ!!(*´∀`)

従来のステンレスブレスレットモデルは全体的な「完成度」なら究極だと思いますが、ケースデザインのキッチュな可愛らしさをより軽快に味わいたい方なら、樹脂製ストラップを備えた「A100WEF-1AJF(A100WEFG-9AJF」)」はまさに福音だと思います。着け心地もそうですが、見た目を敢えてチープに振ることで、むしろシックに使える「解ってる感」が生まれました。コレも一つの正解ですよ!!

カジュアルな作りながら、ゴージャスでクールな「ケース&ダイヤルデザイン」からは、ビジネスでの使用も可能にする品の良さを感じさせます。フロントに並ぶ4つのボタンがとてもチャーミングです。

ケースサイズは横幅「32.7ミリ」。間違いなく女性でも楽しめるはずです。重さも「26グラム」しかありません。ストップウォッチやアラーム、時報を備え、バックライトも装備。公表される電池寿命「3年」「短い!!」と感じてしまうところが「チプカシ」の奥深さですよねぇ(;´∀`)

お値段は「7700円(税込み)」です。た…確かに「チプカシ的」にはお高いですが、良いんじゃないですかね??「高級チプカシ」という矛盾を受け入れちゃいましょう(笑)

発売年月 2022年10月 ゴールド価格 7700円(税込)シルバー価格 6600円(税込) ケースサイズ 縦40.7 × 横32.7 × 厚み9.2ミリ 質量 26グラム ケース・ベゼル材質 樹脂 バンド 樹脂 防水性 日常生活用防水 電池寿命 約3年 ストップウオッチ(1/10秒、60分計) 時刻アラーム・時報 LEDバックライト(残照機能付き) ライトカラー アンバー オートカレンダー 精度 平均月差:±30秒

番外:A100WE-7B(海外モデル)

出典:https://www.casio.com/jp/

「番外」として現状の国内正規ラインナップにはない「オールシルバー」のブレスレットモデルもご紹介。変態モデルのはずなのに…なんて上品さなのかしら!!コレはあかんヤツです。絶対に気に入るヤツですっ(笑)

5本目:CA-53WF-1BJF、CA-53WF-2BJF、CA-53WF-3BJF、CA-53WF-4BJF、CA-53WF-8BJF(カシオスタンダード)

出典:https://www.casio.com/jp/

 「カリキュレーターウォッチ」といえば「データバンクシリーズ」のことでしょうし、実際のところ「腕時計に計算機も付けちゃおう!!」なんて、発想したとしても形にしようとは思わないものです。

ちなみにこの「CA-53WFシリーズ」を見る限り、どこにも「DATA BANK」とは記されていません。でもまぁ「眷属」なのは間違いないでしょう(*´∀`)

私もこれまで幾つかの「データバンク」を愛用して参りました。遺伝子レベルでギミック好きの性分ですから嫌いなワケないじゃないですか。ボタン類なんて「こんなん、なんぼあっても良いですからね!!」(笑)

「データバンク」の凄さは、それらボタン類が「伊達じゃない」ってことですよ。さすがは「電卓屋さん」。当たり前のように本気の電卓として機能します。思い出せるところで一番役に立ったのは、スマホが普及する以前の「飲み会のお会計シーン」でしょう。「データバンク」でスタイリッシュに割り勘をはじき出す際の私…きっともの凄い「ドヤ顔」だったと思います(笑)

「電卓が先か時計が先か」「データバンク」を使ったことがある方なら、そんな因果性ジレンマを感じたことがあるかもしれません。ただ「ゲーム電卓」を知る私にすれば、それこそがカシオさんのアイデンティティーなんだろうな~と思えるのです。

「CA-53WFシリーズ」なのですが…ぶっちゃけ「データバンク」がこんなにお洒落になる日が来るとは思いませんでした。女の子に「可愛い!!」と言ってもらえない時計の代表格が「データバンク」だと思ってましたので(;´∀`)

コーディネートのアクセントにもなり得る嫌味のない存在感と、上品なカラーリング。シンプルにまとめたフェースからは、この時計が「本気の電卓でもある」なんて微塵も感じないでしょう(笑)

一時、心配してましたからね。「データバンク」ってホンマに消滅するんちゃうかと。スマホで簡単に高度な計算ができちゃう現在において「データバンク」の意義は確かに希薄かもしれません。ですが…敢えて言っちゃいますが、機械式の超高級腕時計の価値の9割は「大いなる無駄」ですよ。同じです「データバンク」も。物理ボタン満載という「大いなる無駄」に最大の魅力があるのです。そしてそれが「見た目だけじゃない」ってことが肝心なのです。

個人的には「データバンク」の電卓機能と「トゥールビヨン」って、同じ価値観の基準線上に存在すると思っています。でもってそれが「見た目も洒落てる」ってことが最重要なのです。どうです~??だんだん欲しくなってきたでしょ??(*´∀`)

発売年月 2020年3月 価格 3300円(税込) ケースサイズ(縦×横×厚さ) 43.2 × 34.4 × 8.2ミリ 質量 25グラム ケース・ベゼル材質 樹脂 バンド 樹脂バンド 防水性 日常生活用防水 電池寿命 約5年 ワールドタイム ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き) 時刻アラーム・時報 フルオートカレンダー 精度 平均月差:±15秒 8桁計算機能 12/24時間制表示切替

※お得な並行中心で貼っておきます(*´∀`)

最後に

つま先くらいは沼に浸かった気がする(AQ-800E-7AJF)

また長々と書いてしまいました。皆さまの貴重なお時間を食いまくっておいて、大したことはお伝えできていない気もします(汗)

前回もそうでしたが、こうやって書いているうちに頭の中が整理されて、私自身の「次のチプカシ」が決まってしまいました。この後、速攻でポチると思います(;´∀`)

こうやって、どんどん見境なく増えるんでしょうね。恐らく10本なんてあっという間でしょうし、そうなると「収納手段」も考えないといけません。「チプカシ沼」のバリューに見合った小洒落た収納はないでしょうかねぇ(*´∀`)

というワケで「次のチプカシ」がやってきましたら、またそれを軸に「次なる5本」をセレクトしたいと思います。

それでは皆さまも、チープでステキな「チプカシライフ」をお過ごし下さいませ(*´∀`)

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメントする

Table of Contents