『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

「Case Club」の腕時計ケースが凄い

  • URLをコピーしました!

ちょっと前、コレを買いました。

殺し屋の持ち物じゃありません。

32本の腕時計が入る収納ケースです。

入れてみました。広々!

因みにこのケースですが、Instagramで外国の誰かさんがポストしていたもので気になってamazonで調べてみたら、何故か銃用のケースは扱っていましたが、時計用のものはありませんでした。逆じゃないのか?(後に楽天さんで発見)

ちなみに「CaseClub」というカリフォルニアの会社。

どうしようもなく欲しくなったので、個人輸入で購入しました。そして意外と「安かった」です

耐衝撃性と耐水性が自慢のようで、外観はかなりしっかりと作られていました。ハンドルもごついのが付いています。ダイアルキーまであったりして。

ただし、内部は基本「スポンジの型抜き」という簡素な作り。収納するという目的には何の不具合もありませんが、正直、見た目がアレすぎました(;・∀・)

なので、手持ちのコレクションケースから枕だけ強奪。差し替えたら見違えるように上等な見た目になりました。やっぱり時計ケースの命は「枕」ですね。

枕を入れ替えた状態。ど迫力だ(;´Д`)

いわゆるよくあるコレクションケースとの一番の違いは、仕切りに幅があること。なので突起物の多い時計の収納に相当な余裕があります。そう、コレが苦もなく収まるのです。

クロノファイター 1695 (2CXAS.S02A)です。隣にもでかいラジオミールブラックシール(幅45ミリ)を置いてみました。干渉までまだまだ余裕があります。

ケースの蓋の内側には「西川のムアツふとん」のようなスポンジが入っているので、どんなに激しく揺すっても、中の時計がズレたり、お互いを傷つけたりすることはないと思われます。そもそも運搬を考えてのケースですからね。

通常のコレクションケース(12本収納)を数箱使っていますが、この32本を俯瞰して一覧できる気分の良さは格別です。コレクションケースと違い、飾る用途には向いていませんが、毎晩、蓋をパカパカ開けるのが楽しみになっています。

このケースの見た目が気に入って買ったわけですが、真の目的は別のところに。それはこのケースだけで全部が収まる、「32本までコレクションをダイエットすること」

現状の半分以下に減らすわけで、かなり辛い別れが待つ難行になりそうですが…いつかはやり遂げたいと思います。

でも最近、また少し増えてるような気もする(@_@;)

[rakuten:owncolor:13978306:detail]

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメントする

Table of Contents