『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

親父とオメガ

  • URLをコピーしました!

https://www.instagram.com/p/BtfTd83n8WI/

亡き親父のデイトジャスト。社交的な経営者だった親父はゴールドの時計やタイピンが大好きでした。たまに身に付けるも…う~ん。着こなし難しい💦 #rorex #datejust #todayswatch #motherofpearl #ロレックス #デイトジャスト #大阪カフェ  #watchfam #watchgram #wristwatch #腕時計大好 #腕時計⌚ #腕時計好きと繋がりたい #diverwatch #腕時計コレクション #watchcollection

親父のMOP10Pデイトジャスト。いい感じにアンティーク。

 

2015年5月、銀河系で一番尊敬していた親父が亡くなった。享年80歳。

現役時代の親父は猛牛のようにパワーがあった。小柄だが横幅のあるガタイは、学生の頃の柔道と喧嘩と日本海で培われた。

 

家族としてはそんな「豪快極まりない」親父に振り回されっぱなしだったわけだが、とにかく仕事で家にいなかった。私が幼い頃はヨーロッパに数年、高校生くらいのときは中国が親父の戦場だった。

たまに家に帰ってきても、滞在時間の短さたるや…(;゚Д゚)

 

親が煙たいお年頃の私としては「居なくてラッキー」くらいの気持ちだったが、それでも真夜中に帰ってきて早朝のタクシーでいなくなる親父の日常を見て、「大人になるとこれが当たり前になるのか」と恐ろしく感じていた。

 

「仕事9割、家庭1割」みたいな親父だったが、意外にも多趣味な人だった。

 

油絵は親父に教わったりもしたし、海釣りはやパチンコはプロ級だった。ゴルフは仕事の付き合い以外でも興味があったらしく、スーパーファミコンのゴルフゲームは親父も混じって家族で盛り上がったっけ。負けると「本物の芝は…」とか言い出してたけど。

 

他にも洋酒の収集やボトルシップ作り、蔵書も凄かった。なので亡くなってすぐに問題になったのは親父が収集したモノの処分方法だった。

 

親父の趣味の中で唯一、私がシンパシーを覚えたのは勿論「時計のコレクション」

 

私の記憶では多数のオメガを所有していた…はずなのだが、どこにも見当たらない(ロレックスやロンジンは発見済み)お袋に聞くと生前の形見分けと称して仲の良い友達にあげてしまったらしい。

 

これにはショックを隠しきれない私。

 

親父の持ち物だから親父が誰にあげようと勝手なのだが、実は親父のオメガの中に一本、私にも思い出深いものがあったのだ。

 

どういうモデルだったのかはわからない。金無垢の3針、黒クロコのストラップで確か手巻きオンリーだったと記憶している。

それを私は中学、高校、大学、そしてセツ・モードセミナーに在学中、何度も繰り返し(無断で)拝借している。

 

デートの際にも拝借したが、相手の女の子もまだ子供、「あらオメガ、素敵♪」とはならないし、当然無反応だ。しかし私はオメガを(無断で)借り続けた。何となくだが…身に着けるだけで大人になれる気がしたのかもしれない。

 

しかしある時、親父にバレた。

腕も脚も丸太のような親父が仁王立ちで言った。

 

「勝手に持っていくな」当然だ。機械式の作法もしらない子供が使って言い訳がない。さらに「借りる時はワシに言え」( ゚д゚ )うん…パパごめん。

 

その日から「オメガの無断拝借」はなくなった。数年後、それなりの収入を得られるようになった私は、今考えるととんでもなく身の程知らずな、ある時計を購入するのだが…それは別の機会に書くとして。

 

彼女とのデートはいつも「親父の金のオメガ」が左腕に巻かれていた。親父の思い出も彼女の思い出も一緒くた、他のは無くてもいいから、あのオメガだけは残しておいて欲しかったなぁ~(TдT)

この金無垢オメガが若かりし頃の親父のモノになるまでの話も印象的なので、それもいずれご披露します(と思って過去記事読み返したら、すでにこのエピソード書いてました)

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメントする

Table of Contents