『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

手持ちの腕時計を減らす「メソッド」

  • URLをコピーしました!

私が今年、腕時計絡みで最大の目標として掲げているのが「コレクションのシュリンク」です。とにかく数を減らして、今後の管理負担を軽減したいと考えていまして。

腕時計を買うことには何の抵抗もない私ですが、「売る」となると妙に躊躇してしまうところがあります。実際、数十本をまとめて処分したのは、昨年が初めてでした。何か腕時計たちを見放すようで、物悲しい気持ちになったのを覚えています。

ですが、できるだけ「買わないように」心掛けてきた昨年ですら、そこそこの数が増えました。今年もすでに一本、買ってしまいましたし(ついでにタンクも予約しちゃいましたし)「売る本数」「買う本数」を上回らなければ、相対的に所有本数は増え続けてしまいます。

お若い方には想像もできないでしょうが、「できるだけ早く減らしたい!」と私が焦る理由は…自分の「年齢」です。今後、現役世代の「必然性」を以てして、私が腕時計を使える残り時間は、それほど長くないのです。このままだと、使う機会を与えてやれずに「干された状態」の腕時計たちを、大量に抱えることになってしまいます。

しかも私は、腕時計という存在は「動いてナンボ」だと考えています。現状の70本を超えるコレクションは、時間とともに瑕疵を抱えることでしょう。そうなると私の性分では「オーバーホール」しないと気が収まりません。ですが、そんなお金はどこにもないのです(;´Д`)

オーバーホール料金も出せない男が、これだけの腕時計を抱えてきたこと自体が、思えば許せないことでした。年に数回の出番すら訪れない腕時計もあります。中には流行りから言って、明らかに「旬の短い」時計もあるのです。そんな彼女(?)たちの「華の季節」を無駄にしてきたかと思うと…心が痛みます。

少しでも早く、できるだけ良い状態で新しい「旦さん」のもとに送り出すことが、今の私にできる、唯一の贖罪だと思うのです。

とはいえ、ここまで膨張するに任せて、コレクションを放置してきた理由もあるのです。要するに、今後、買取業者さんに売り払うにしても、「何を売って何を残すのか?」という部分で、自分の中に「納得できる」答えを見出せていないのです。人はこれを「未練」と呼びます(;´Д`)

購入した際の苦労や喜びが浮かんでは消え…箱に収める作業の途中で、何度も手が止まりました。ただ、このままでは絶対に本数は減りません。

そこでまず「死ぬまでこの本数より増やさない!」という腕時計の最大所有数を、不退転の覚悟を以て決めたいと思います( ・`д・´)

「24本」

 こんな私でも何とか達成できそうな、現実的な数だと思うのですが…どうでしょうか?これだったら満遍なく廻して行って、ひと月に2回使える時計も出てくるわけです。

「24」という数字には他にも根拠があります。使い勝手の良い収納を考えたとき、「12本収納」のコレクションボックスなら巷に選択肢も多いですし、私の趣味にあったものを探せそうだと考えたからです。

例え「24本収納」のケースで良いものが見つかったとしても、全てのスロットを時計で埋め尽くしたなら、とんでもない重さになるはずです。持ち運びを考えたら「12本収納を2つ」というスタイルが最も現実的ではないかと考えたわけです。

で、最大の懸案事項「何を売って何を残すのか?」についてです。まずは、物理的な本数を24本まで減らすための計算式が必要です。これについて私の考えは「2つ」あります。

①1つは、24のブランドから「1本ずつ」の腕時計を残す。

②もう1つは、12のブランドから「2本ずつ」の腕時計を選び、残す。

③或いはそれらをランダムミックス。

…計24本。以後は新しい時計を買いたくなったら、先に何かを売ってスロットを開放するを繰り返す…うん、何だかシステマチック。ボンクラな私にできるかどうかは怪しいですが…(;´∀`)

とりあえず、目に付くところに置いてある時計から、個々のブランドを拾ってみました。箱に収まってるヤツもあったと思いますが、恐らく数本だけなのでここでは無視します。

Ball

Bell & Ross

Breitling

Bulova

Bvlgari

Carl F.Bucherer

Casio

Catorex

Chrono Swiss

Citizen

Daiso

Diesel

Edox

Epos

Favre Leuba

Graham

Hamilton

IWC

Jaeger LeCoultre

Junghans

Longines

Luminox

Maurice Lacroix

Omega

Orient

Orient Star

Panerai

Rolex

Seiko

Sinn

Timex

Tissot

Tudor

Victorinox Swiss Army

Zegato

 ダイソーとゼガトは要るんかって話ですが(笑)

f:id:suna_fu_kin:20220204012549j:plain

これはあれだ…買ってすぐ「定革」切れたやつだ(笑)

 ってなわけで「全35ブランド」でした。私的には「こんなもんで済んだか」みたいな感想ですが…う~ん…どうなんでしょうねぇ。こうやって見ると、ホントに大したものは持ってませんな(笑)

当面の目標は最大「24ブランド」ですから、かなりのブランドを諦めることになりますなぁ。「12ブランドで2本」なら尚更。

往生際の悪さでは一家言持ちの私。ぶっちゃけ、全然惜しくないブランド(?)もありますが「泣いて馬謖を斬る」的な心持ちで、バシバシ冷酷に斬っていくしかないのでしょう。「馬謖」多すぎですけどね(;´∀`)

とりあえず、今の自分が買える限り高級な「ウォッチケース」を購入して、心理的な「退路を断つ」つもりです。習い事で先に数年分の月謝を払ってしまう感覚に近いでしょうか。とにかく「後戻りの効かない」状態に自分を追い込みたいと思います。

これなんか、重ねて使ったらええ感じだと思うんですけどねぇ(Twitterで使ってる方のツイートを見て惚れました)

そして、総数24本を達成したら、間髪をいれずに「20本」「18本」と絞っていき、最終的には選りすぐりの「12本」で締めたいと思います。12本用ならば、ウォッチケースも選択肢が豊富ですしね!

「シブチン(ケチ)」な関西人の私としては、こういうあざとい方法でしか、目的を全うできそうにありません。初志貫徹とか…ストイックにできたことない私ですが、「節操のあるコレクター」として生まれ変わるべく、頑張ってみるつもりです(*´∀`*)

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメントする

Table of Contents