『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

ミルガウスのオーナーで良かったこと

  • URLをコピーしました!

昨年末から本年初頭にかけて、並行価格で未曾有の値上がりを見せた「ロレックス」。特に「プロフェッショナル ウォッチ」のカテゴリーにおいては、多くのモデルで目を疑うような数字が列挙されました。もちろん、中古価格も連動して上がり続け、早々に私の経済的守備範囲の外へ。そういった事態に一抹の淋しさを感じないと言えば嘘になりますが、心の何処かで「これで楽になれる」と感じたことを覚えています。

そもそも、私は言うほど「次のロレックス」を必要としていないのかもしれません。正直言えば「GMT」も使ってみたいですし「デイトナ」だってこの腕にはめてみたい…そういう気持ちは人並みにありますが「何が何でも!!」って感じではないのです。まぁ多分、理由は至極単純で…それは「とりあえず、ミルガウスを持っているから」なのでしょう。

ロレックス ミルガウス(116400GV)

「ミルガウス」は御存知の通り、ロレックスの歴史の中でも異質の足跡を残してきた「迷機」です。おかしな見た目の見たまんま、ホントにおかしな時計なのです。

放射線技師、物理学者、医者を対象にした時計って…なんちゅー微妙な立ち位置。特徴的なイナズマ秒針は第2世代で一旦消え失せますが、2007年登場の第3世代で鮮やかに復活します。

ウチのミルさまは第3世代のミルガウスに、ロレックスのコーポレートカラーを模した緑色のサファイアクリスタル風防を被せたモデルです。ある意味、一番インパクトがあって、エグいミルガウスじゃないでしょうかね?(Zブルーとか妙に上品ですもん)

ミルガウス購入以前、私が狙っていたロレックスを思い出せば…「エク2(ブラック)」「オイパペ39」「ノンデイトのサブ」…そんな感じだったかな??…で!!今と違って、それらはフツーにどこでも買える時代でした。「ペプシ」なんかも当たり前に売ってましたしね(案外、DJが品薄だったりしてね)

なので、買おうと思えばどれでも買えたわけですが、それこそ今ほど「猫も杓子もロレックス!!」な時代ではありませんでしたから、それらロレックスを横目にしつつ「ウブロもええなぁ~」「フランク・ミュラーもええなぁ~」と逡巡するゆとりがあったのです。ぶん殴ってやりたいです。あの頃の自分を…「とりあえず買っとけや!!」ってな意味で(;´Д`)

事ここに至って思うのは、もしも私が使っているのが「ミルガウス」じゃなかったら…成就叶わぬ「ロレックス・マラソン」から受けるダメージは、もっと遥かに深刻なものだったかもしれません。

例えば私が「サブマリーナ」「GMT」を使っていたならば、後継機が気になって仕方なかったでしょう。ベゼルやダイアルの「些細な変化」にも翻弄され続けたはずです。新作発表に対しても、心踊る気持ちと相反する「ヤレヤレ感」に疲労を感じ、「これでまた戦いが続く…」と辟易するのは間違いないと思います。

そこいくと「ミルガウス」は実に「楽な時計」です。新作発表の時期になっても毎年恒例の「諦観タイム」が始まるだけなのですから。「どーせ今年も新作なんて出るわけない」…ってな感じで、すでにガッカリすることもなくなりました。

ロレックス ミルガウス(116400GV)

でもねぇ…それで助かってるんですよ。この先「新型ミルガウス」だって絶対に出ないとは言えませんよ。でも何となく、悲しみのうちに豹変してしまった「インジュニア」のような、望まぬモデルチェンジが待っている…そんな気がするんです。初めて現行の実機を拝見した際は「??」しか出て来ませんでしたから(実際、話題として取り上げられることも多くなかったですし)

まぁ現行「インジュニア」に関しては、その後、私の中で評価がぐるっと一周して「悪くない」と思えるようになりました。もしかしたら、まだ見ぬ未来の「ミルガウス」に対しても、同じような気持ちになるのかな??

ロレックスに関してはたったの2本しか所持していない私。そのうち1本は「オヤジの形見のDJ」ですから「新しくしたい」とは思いません。ボロボロになっても、オヤジが使っていた状態のまま手元に置いておくでしょう。ダイアル交換なんてしたら、毎晩枕元に立たれそうですし…(;´Д`)

ロレックス ミルガウス(116400GV)

そして「ミルガウス」。よそのブランドはおろか、ロレックスのコレクション内にも比較対象を見いだせない「孤高」「オヤジのDJ」と同様に「変える必要のないもの」かもしれません。今後、ニューモデルの予定もないとなると、その性格はさらに強まります。

手持ちの時計のニューモデルが出ると「更新せなアカンのとちゃうか??」と妙な焦りを感じるものです。また、コンセプトを継承する形の何かが出現したら場合も心がざわつきます。

その点「ミルガウス・ユーザー」の心は、無風の日の琵琶湖のように落ち着いています。「ウォッチ&ワンダー」の時期、周囲を横目に涼しい顔で過ごせるのは「ミルガウス」という「不動の存在」があればこそです。

それはロレックスという「広大な海」を彷徨う中で見つけた「北極星」のようなもの。寸分変わらぬ場所にいてくれる安心感は、登場以来、時が止まったかのように公式の常座に座り続ける「ミルガウス」も同じです。

今となっては頼りなく感じる「48時間のパワーリザーブ」だって「ミルガウスだし、まあエエかな」と言えてしまうのが「ミルガウス」の魔性。

「ロレックス・マラソン」の喧騒と心理的な距離を置くことができて、新製品の発表に惑うこともない恐らくは唯一のプロフェッショナル・モデル「ミルガウス」。その孤高は特別な「ロレックス」においてもさらに「特別な存在」であると感じさせます。

逆に「持ってなかったら、一体どうなってたのか??」と心配になるほど「ミルガウス」の存在は私を豊かにしてくれましたし、すでに「ミルガウスが手元にない自分」も想像できません。

ロレックス ミルガウス(116400GV)

梅に鴬、牡丹に蝶…変人の私に変態時計。謂わば出会うべくして出会った「ミルガウス」

ロレックスでありながら、隣人に与える威圧感とは無縁でいられる「ミルガウス」は、私みたいな「人の目が気になる腕時計好き」にとってこの上なく最高のパートナーになりました。

今更ながら、只々「ミルガウスのオーナーで良かった」と思える日々に、感謝したいと思います。

えっ??次のロレックスは、もう狙わないのかですって??

それこそ「ミルガウスのニューモデル」が、とんでもなく私の好みにハマっちゃったら…しょうがないですよねぇ(;´∀`)

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメントする

Table of Contents