『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

手持ちの中から「好きな腕時計10選」

  • URLをコピーしました!

はてなブログ10周年特別お題好きな◯◯10選

またしても「はてなブログ10周年のお題」に乗っからせていただきます。10周年にちなんだ「10に纏わるテーマ」…今回は好きな◯◯10選ですか…(ほぼ)腕時計専門のブログ「腕時計喫茶」といたしましては、腕時計絡みだけでも色んな10選が考えられます。例えば「好きな腕時計ブランド10選」「好きなムーブメント10選」などなど。

でもここは自分自身に過酷な判断を要求する「手持ちの中から好きな腕時計10選」にしたいと思います。

ってなワケで、好きで集めた腕時計(約70本)の中から「特にコレ!」という10本を選抜してみました。興が乗るとバカみたいに長い文章(5000字超)を書いてしまいがちな私ですが、今回こそは端的に進めて参りますよ(´-ω-`)

とはいえ「好きな」という括りで言うなら、当たり前ながら、買った腕時計は「全部好き」なのです。困りものの癖や問題も理解した上で、全部気に入っているのです。ですから、そこから選りすぐる「10本」は、私にとって何かしら「特別なポジションがある」腕時計…ということになるでしょうかねぇ。

【1本目】チューダー「ブラックベイ41(79540)」

f:id:suna_fu_kin:20211108235801j:plain

全てにおいて「丁度良い」を体現した腕時計です。価格、品質、ブランド力…それらのバランスが絶妙で、どのシーンで身に着けても、余計な違和感やストレスを感じさせません。ダイバーズとシンプルなビジネスウォッチの中間のような使い勝手の良さがあります。個性的な「イカ針」は視認性にも貢献。NATOベルトもメッチャ似合いますしね!

当初は「大きい」と感じたサイズ感も慣れてしまえば気にならなくなりました。攻守のバランスで言えば、我が軍「最強」でしょうねぇ(*´∇`*)

チューダー/チュードル ブラックベイ41 Ref.79540 新品 ブルー (TUDOR Black Bay41)【楽ギフ_包装】

【2本目】カトレックス「シーヴィンテージ(8162-1)」

f:id:suna_fu_kin:20211108235513j:plain

平凡な見た目のケースに「アドルフシールド」のちょいとヴィンテージなムーブメントを搭載。ゼンマイの巻き心地が独特で楽しいです。ダイアルは美しいスモーキーブルーのサンレイが大人っぽさを醸し出し、最近の時計としてはあまり見かけないタイプの美しさです(*´∀`*)

あと、針も何気に良いです。丁度いい高級感。日がな一日、ず~っと眺めていられます。1960年代の趣きを高い完成度で再現した一本。知名度の低いブランドですが気に入ってます(最近アパレル方面にもちょっかい出してるみたいですが、止めた方が良いと思うなぁ)

【3本目】オメガ「スピードマスター オートマチック(3510.50)」

f:id:suna_fu_kin:20211108235342j:plain

最近ジワジワと中古価格が値上がりしてきました。とにかく長く生産された分、その数も相当に多いと思います。稼働している個体も多いでしょう。つまり、中古品として見た場合、あまり価値のない時計だったのです。

まぁ、実のところ「そんなの関係ねぇ」なのです。むしろ今の時代にピッタリはまる絶妙なサイズ感、重量の軽さが使い易くて最高です。「ムーンウォッチ顔」も文句なしにイケメンですからね。歳をとってから渋い味が出てきた俳優さんみたいな感じかなぁ。枯れ方もいい感じです(*´∀`*)

【4本目】ベル&ロス「BR03-92 ダイバー」

f:id:suna_fu_kin:20211108013537j:plain

腕時計の愉しみを広げてくれたベル&ロスさん。購入から4年ほどが経過しましたが、未だに新鮮な気持ちで着けています。何でしょうねぇ~纏っている空気感がたまらないのですよ。身に着けると、とにかく上がるんです。気分が(*´∀`*)

他人様から「ベル&ロスですね!」と言われることも何度かあり、超有名ブランドでは味わえない種類の承認欲求を満たすことができました。ふざけた外見からは想像できないほど、解る人には解る基本に忠実な時計なのです。この時計に出会えたことが私の幸福(沼的には不幸?)ベル&ロス最高!一生使うぞ!

ベル&ロス BR0392-D-BL-ST/SRB BR 03-92 ダイバー

【5本目】セイコー「SARB035」

f:id:suna_fu_kin:20211108235649j:plain

すでに身体の一部。こんなに良い腕時計をあんなに安く買えたことが、今となっては自慢です(最近は30万円くらいでフツーに売られてますもの)私にとってはこの腕時計が「現代のセイコーそのもの」であり、セイコーの酸いも甘いも「この一本」で味わえてしまう。この腕時計より良いか悪いかが現行品のレベルを推し測る指標にもなる…つまりモノサシなのです(*´∀`*)

また、100%ピュアなビジネスウォッチであり、その良識的な存在に幾度も助けられてきました。大切な時ほど役に立つパートナーウォッチ…いや、激戦の中で背中を任せてきた「戦友」ですかね?

[セイコー]SEIKO 腕時計 MECHANICAL メカニカル SARB035 メンズ

【6本目】ジン「903.ST.AUTO」

f:id:suna_fu_kin:20211108013601j:plain

出自のナビタイマーがどうのとか、使い始めるとどうでも良くなります。どう考えても「ジン」なのです。間違いなく「ジンの腕時計」なのです。それは使ってみれば解ること。生まれの複雑なストーリーを背景にナビタイマーの基本構造を受け継ぎつつも、隅々まで「ジンの細胞」で作られている腕時計、それが「903」なのです。

「ジン」の腕時計には自分の「男」を思い出させるような何かが潜んでいる気がしてなりません。無骨で不器用、そして深い優しさ。私からは「腕時計界のブロンソン」の称号を(勝手に)授けましょう(*´∀`*)

【7本目】ロレックス「ミルガウス(116400GV)」

f:id:suna_fu_kin:20211109000413j:plain

冷静に考えたら「変な時計」です。子供が考えたような変な形の秒針、緑色の風防もかなり変です。そもそも細かい色味が多過ぎる。こんなデザインにロレックスの偉い人がよくOKを出したなぁ~と思います(;´∀`)

ところがコレが使うほどに面白い時計でして、どんどん印象が変わるのです。突飛かと思えば妙に落ち着いても見える。主張が強すぎるかと思えば「3歩下がって」みたいな淑やかさもある。計算してこうなったかは知りませんが、他のどのロレックスとも(或いは世界中の腕時計とも)被らない「一匹狼」的な存在感は、ウチのコレクションの中でも圧倒的な異彩を放っています。

ロレックス ミルガウス Ref.116400GV 新品 ブラック (ROLEX Milgauss)【楽ギフ_包装】

【8本目】クロノスイス「トラ(CH1323)」

f:id:suna_fu_kin:20211109002954j:plain

我が愛しの「トラちゃん」です。シンプルな時計ですが、近くで見れば細部にかなり拘った仕事をしていることが解ります。文字盤の墨入れは非の打ち所がない出来です。青針の仕上がりも素晴らしい。

クロノスイスは縦目のレギュレーターが最も知られていますが、トラちゃんはちょっと捻った「デュアルタイム」です。レギュレーターとしては分針と秒針が同軸なので微妙ですが、横目のデザインの格好良さで全てが許せます。また、裏ブタから透けるムーブメントの仕上げは完全にクラスを超えているので、たまにはコッチを表にして着けたいくらいです。日本ではイマイチなクロノスイスですが…満足度は高いです(*´∀`*)

【9本目】オリエント「マコ2(SAA02001B3)」

f:id:suna_fu_kin:20211110210521j:plain

世界中で人気のマコ様ですが、2万円もしない価格でこの完成度ですから巷の高い評価も当たり前。世界には見る目のある人が沢山いらっしゃるってことですね。さらりと「200m防水」だったりして、暴風雨が予想される日にこれほど心強い時計もありません(*´∀`*)

価格で考えると、かなり優秀な自動巻きダイバーズですが、人気の秘密はオリジナリティー溢れるデザインにもあると思いますね。黒のカウントアップベゼルを装備するダイバーズはどれも同じに見えがちですが、オリエント伝統のイデアを色濃く反映するマコのデザインからは、差別化された独自性を感じます。解るかなぁ~この味が。

【10本目】ロンジン「ヘリテージ コレクション コラムホイール クロノグラフ(L2.800.4.26.2)」

f:id:suna_fu_kin:20211110210543j:plain

最後の「10選目」は悩みましたが、比較的最近の入手からコレを選びました。まず、私にとって初の「モノプッシャー式クロノグラフ」であるという希少性。しっとりとした操作感の源である「コラムホイール」を搭載していることも大切。しかし何より評価したいのは、身に着けるとそこはかとなく「良い人っぽく化けられる」という魔性ですかね。「離れ目」で緊張感に乏しいデザインなのですが、ロンジンというブランドの真摯なイメージも手伝って真面目な良い人感がすご~く出ます。

レザーベルトの着け心地があまりに良く、一向にNATOベルト化する機会がやってきませんが、間違いなくNATOが似合う時計です。着せるならレザーの一本通しかなぁ(*´∀`*)

以上でございます。選抜の基準は、そうですなぁ…「コレが着けたいと思ったら、他の時計ではダメ」みたいな感じでしょうか。

100本に届く!やべぇ!みたいなタイミングで、全く出番のなかった腕時計をまとめて売りましたが、それでもまだ70本から手元に残ってましてねぇ…これだけあると、やっぱり雰囲気とか使い所とか、被っちゃう時計が少なからずあるんですよ(;´Д`)

今回「10選」として挙げた「腕時計10本」は、それぞれに決まった「出番」があるものばかり。高価な時計もあれば、安いものも混じっています。でも一つ言えることは、この時計たちは全てウチの「看板役者」だということ。この場面ではこの役者が出てきて見栄を切る…「待ってました!」とお客さんが喝采を送る…ウチの「10選」たちはお客さん(私)の期待を裏切らない名優ばかりなのです。

これからも私の左腕に巻かれて「大向こう(時計通の知り合い)」を唸らせる活躍を一丁頼むよ~(*´∀`*)

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメントする

Table of Contents