腕時計喫茶

「微妙」な時計を愛してる

【開封の儀】“OMEGA”だけの称号じゃない。【ブローバ】ムーンウォッチ(96B258)

 

 

現行品の「OMEGA」

スピードマスタームーンウォッチ(311.30.42.30.01.005)

あれは本当にカッコいい。

デザイン、サイズ感、あの独特のキラキラじゃない労働者の時計としてのスタンス、ちょい「くたびれた感じ」も私のツボだ。

とは言え私には「OMEGAから距離を置かなければならない」という些か個人的な事情(親父に関係ない部分でね)があるので入手には至っていない。通常モデルなら私が最も購入しやすい価格帯に位置しているのだが…(件の事情については…いずれ)

ちなみに「月に連れて行かれた時計」はスピマスだけじゃない。調べると結構色んな時計が色んな事情で月旅行を楽しんでいる。

 

その中の一つが、「ブローバムーンウォッチ」だ。

アポロ15号という注目も評価も微妙だった計画の中で、船長の私物として月面に降り立ったのは有名な話。

さて、この「ブローバムーンウォッチ」、勿論、現在の技術による復刻版だが、時代感タップリのケースデザインが何とも魅力的。ダイアルの立体構造は宇宙船の船内を彷彿とさせる密度があり、メカ好き男子ならグッと来ること請け合いの逸品だ。

 

というわけで(安いし)買っちゃったよ(´・ω・`)

減らすってどこかで言ってなかったか?

 

何はともあれ、「開封の儀」始めます。

 直接包装紙でも貼り付けたのか?っていうテープの跡があるが…気にしない。

 

 内箱はキレイだったので許す。これまで買った2本のブローバとは内箱のマテリアルからして異なる。

 

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 キレイじゃーん。しかし予想より迫力あるなぁ(;・∀・)

 

インダイアルダイアル全体も立体的で、視覚を集中させるデザイン。

 

 アポロに関する記述が刻まれた裏蓋。

 

因縁のある歴史を持った時計は大好きなので、ずっと「買ってやろう」と狙っていたがようやく手元にやってきた。頑張って生きててよかった!(*´Д`)

アキュトロンの時も思ったことだが、ブローバのデザインはどことなく田舎臭い。でもそれはアメリカの田舎の牧場のような、あるいはどこかの辺ぴな街にあるパンケーキが美味い老舗のカフェのような「懐かしい古めかしさ」なのだ。それは日本人の私の目からは「郷愁と憧憬」がごちゃ混ぜなデザインとして好ましく映る。ブローバは何か不思議だ。クセになる。

 

さて、アンドレ・ザ・ジャイアントでも余りそうに長いブレスのコマ詰めしますかね~(`・ω・´)