『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

人生には腕時計という「虚数」が必要である

  • URLをコピーしました!

【※このコンテンツはプロモーションを含みます】

 その正体を知れば知るほど「好きになるもの」と、反対に「嫌いになるもの」がありませんか?「こんな事なら調べるんじゃなかった…」と後悔しても後の祭り…それまでの好評価が正反対に逆転してしまうことすらあります。

 

 「コチニール」という色素をご存知でしょうか?食品に添加する天然の色素で、例えば「いちご牛乳」などに鮮やかな「赤(ピンク色)を着けるために使われます。

 いちご味のチョコレートやクリームは、その味というより「色」が重要です。あの色味が無かったとしたら…機会があれば目隠しをして「いちご味のチョコ」を食べてみてください。ほとんどの人は「いちご味」であることすら認識が怪しくなると聞きます。

 

 何を思ってのことか、私はあの鮮やかで心を躍らせる赤い色素「コチニール」って何なんだろう?と気になって仕事の合間の休憩時間に、スマホをちょんちょん叩きました。調べる前の予想では「赤い花や種子が特徴の植物」をすり潰して抽出したんだろうなぁ~くらいに考えいていました。ところが…

 

とある「昆虫」をすり潰した色素と判明 (・∀・;)

その名も「カイガラムシ」

 

 虫の類が異様に苦手な人も多く存在しますので、具体的なお姿は控えますが、まぁ…気持ちの良いものではありませんでした。第一、一番残念なのは…

 

カイガラムシを「いちご」と思っていた愚かさ

 

 人間には深く追求してはならない「深淵」があるのですね(´;ω;`)

 

 ちなみに「コチニール」の名誉(?)のために付け加えると、古くはインカ帝国でも染色に使われた伝統の色素だそうで、私が知らないだけで、あちこちの「赤色」「カイガラムシ」に由来していたのです。がーん…(´;ω;`)

 

 衝撃の事実を知ってから数年、私は未だに「いちご味」を敬遠しています。実際には他の着色料が使われたものも多くありますが、原材料表記で解りづらいものもありますから、避けておいたほうが無難かなぁ~と感じています。

 知り過ぎたがために「苦手になった」いちごのお菓子たち。身体に取り込む着色料として別段、深刻な害がある色素ではないみたいですし、あくまで私個人の「嫌悪感」の問題なのですが…

 

 

 

 知れば知るほど「好きになるもの」について言えば、私にとって「腕時計」はその最たるものです。

 私は「身銭を切って何かを買う」という行為を神聖なものだと思っています。価格の大小を問わず、誰しも購入の動機からそれなりの葛藤が生じつつ、購入に至る道程があります。

 その結果が上手く行けば「WIN」失敗すれば「LOSS」というわけです。つまり私たちは消費生活の中でこのような「小さな勝利と敗北」を日夜繰り返していると言えるのではないでしょうか?

 

 「腕時計」の入手にも失敗はあります。「いちご味のチョコ」よりははるかに値の張る買い物ですから、目論見が外れた時の「LOSS」は私にとっては甚大です。特にネット通販で手に入れたものには大小の「見当違い」が発生します。例を上げると…

 

『思ったよりデカい』

『質感が写真ほどじゃない(詐欺写にやられた)』

『新品なのに傷がある』

 

 …ってなとこでしょうか?しれっと上げましたが、もちろんそれなりには落ち込みます。数日の間は就寝後も布団の中で「あぁぁぁ!!!オレの馬鹿ぁ!!!」なんて後悔を抱えつつ、ウネウネと眠れぬ夜を過ごすのです。

 しかし、私基準で「問題のある腕時計」が届いた場合でも、実のところ一度も「返品」を実行したことがありません。決して「大海原のように広大な愛」で受け止めているわけでもなく、面倒くささが先に立つというのもあります。

 ですが、それとは別の思い。何というか…どんな「腕時計」でも、手元にやって来た時点で「うちの子」じゃん?って思えるのです。

 

 以前、「ZEGATOの腕時計」のお話を書かせていただいたと思います。誇張でも何でもなく1時間で「6~7分」進む事実を目の当たりにすれば、ほとんどの購入者が「返品!」という反応を返すのではないでしょうか?実際、寝ている間にほぼ「1時間」も進む時計を「時計」とカテゴライズして良いものか、悩むところです。

 今回は…まぁお値段もお値段なので、自分で歩度を調整できればと思っています。いつも使っている裏蓋オープナーが役に立たなかったため、もう少し使えそうなオープナーを購入しました。

 

ZEGATO

  ほぼガラクタの時計にさらなる「追加投資」。自分でも「アホやな」と思わないわけではありません。しかし僅かでも自分で「手をかける」ことで、何となく許せるっていうか…愛おしさが増すのです。

 

 

 私が「腕時計」に求める最大の役目は、自分の服装のコーディネートの中で「ヘソ」になってくれることです。デザイン的に「格好良く」「可愛く」あれば、もうそれだけで満足。ぶっちゃけ、中身の性能なんてそこそこで構いませんし、良心的なエタブリスールであれば何の問題もありません。ブランドの上下にもあまり興味が湧きません。

 私は明らかに、高い時計1本より、同じ値段でほどほどを5本買いたい人間です。どれだけ高級な時計を持っていても、毎日使ってると必ず飽きが来る…飽き性なんです。

 

 そういう「ほどほど」な時計がたくさんあると、中には困ったヤツらも存在します。使い勝手がイマイチな時計、それこそ精度に問題のある時計。

 ですが、見た目で気に入らない時計は一本もありません。見初めて購入した瞬間から、デザイン的に「嫌いになった」腕時計はただの一本もないのです。移り気の浮気症ではありますが、「うる星やつら」の主人公「諸星あたる」のように「みんな好き」なのです。

 

 私の場合は極論してしまうと、「腕時計」「正確な時刻」すら求めていないのかもしれません。止まっていたら「時計」じゃなくなってしまうので、さすがにそれは困りますが、とりあえず動いていて日差が1分以内くらいならば、十分に戦力だと考えています。「精度命」の愛好家さんとは対極にいるのかもしれません。

 

 そもそも腕時計は「一個人が一本」持っていれば何の問題もない実用品です。現実的に言えば、私が集めてきた古今東西の時計たちは、そのほとんどが余計な代物…「虚数」と言えます。

 腕時計に限ったことではなく、あらゆるコレクションは実数の枠を逸脱した「虚数」の塊です。他人から見て、それが必要以上に膨れ上がった集合だった場合、それは明らかな「無駄」なのです。コレクターという人種は、そのような一般論…イデオロギーと戦い続ける運命にあります。戦ってますよ。私も(;´∀`)

 

 「虚数」とは、言ってみればそれ自体には何の意味も持たない、架空の概念みたいなものです。実際何かをカウントするといった当たり前の算数には使えませんし、興味を示さない限り「何の意味も発生しない」という点においては、理解されないコレクターの真理はまさに「虚数」のそれだと思います。

 

 腕時計に関して「集めて意味があるの?」と誰だったっけか…に意見されたことがありますが、さもあらんですよね。だって「虚数」にしか見えないんですもん(;´∀`)

 

 だけどそれは、「虚数」の真の実力を知らないから言えちゃうセリフなのです。

 

 

 

 最近話題の「スマートシティ構想」。あらゆる生活をネットワークでつなぎ、情報を有機的に集約、効果的に分散。リアルタイムで二酸化炭素排出量までコントロールしてしまうという「ハイパーでフューチャー」な街作り構想ですが、都市や国家の大きさまで膨らんだ、膨大で複雑な情報の制御や分析には「虚数」の概念が欠かせません。

 凡人には概念すら難しい「量子力学」「虚数」の独壇場として知られます。「虚数」は現代の生活を各方面で支え、今や無くてはならないものになっていますが、このように計り知れない有用性が実証されたのは、極々最近のことです。

 

 原始数学では「0」とともに「無意味なもの」として軽視されてきた「虚数」の考え方。高度なコンピューターが社会を制御する時代が到来して、ようやく日の目を見ることになったわけですが…「虚数」の可能性は、まさにその「無意味という意味」の中に存在します。「虚数の無意味」「何にでもなれる」無限の「可能性」を指し示したものだからです。

 

 自分の手足の数を遥かに超える「腕時計コレクション」は確かに無駄で無意味な「虚数」なのかもしれません。しかしその「無意味」の中には、この先の人生で一番重要な「可能性」が秘められているかもしれない。

 実際、私の場合は腕時計趣味のおかげで広がったコミュニティがありますし、腕時計の話を軸にして、ビジネスの話や人生の話が面白おかしく展開したりしているのです。その深みと幅は、下手な学校に数年通うより何倍も有益なものです。

 

 私もいい加減、それなりの歳になってしまいました。人生の終局を見据えた時、様々な後悔と淋しさを感じるのは、決して私に限ったことでは無いと思います。歳をとって、自分の伸びしろを感じられなくなった時に、何かしらの支えが欲しい…自分にも越えるべき次の「ハードル」があると感じていたい…

 そのためには自分自身で定めることのできる目標…「虚数」が必要なのです。自分の人生にも、まだまだ解き明かしていない「クロスワード」のブランクがあると知れば、好きなだけ新しい目標を設定して、未知なる「虚数」に夢想することができます。私の場合は、たまたまそれが「腕時計」だったというわけです。

 

 そういう夢を見れなくなったら、男は終わりだと思いませんか?(*´∀`*)

 

 

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメント一覧 (2件)

  • 何度もくすくすとさせていただきました。m(_ _)m
    腕時計に虚数感をもてない私ですが、酒には虚数の喜び、深みを感じ、こんなこと始まちゃいました!
    まだ、1回目の輸入にも至ってないんですけどね。
    https://www.securite.jp/fund/detail/5809

  • takashi196608さま。
    お久しぶりです(笑)
    やってるじゃないですか~
    「人にはそれぞれの虚数がある…」とか、
    サントリー辺りでコピーにしてくれないでしょうか(笑)
    想像もしていなかった苦境ですが、
    お互いあがきまくりましょう!

コメントする