『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

絶賛!断捨離の季節(但し腕時計は除く)

  • URLをコピーしました!

ここ数ヶ月の間、とにかく「物」を捨てまくっています。過激な断捨離を断行中…というわけです(;´∀`)

f:id:suna_fu_kin:20191223232529j:plain

持ち物を減らさなければならない理由があります。今のところは憶測に過ぎませんが、今のうちに物を手放して身軽になっておいた方が、後々楽なんじゃなかろうか…と考えてのことです。

 

単純に物を手放すと申しましても…貰ってくれる人を探して差し上げる、リサイクルショップなどに売れるものは売るなど、次のユーザーに引き渡すというスマートな方法が本来はベストなはずです。しかし、貰ってくれる人を探すのは至難の業ですし、地域のコミュニティーなどを頼っても、取引には相当な時間を覚悟しなければなりません。

リサイクルショップに売るという方法についてですが、私はかなり懐疑的な立場でいます。実際のところこれまでの経験として「売れた試しがない」からです。以前、使用年数も短く状態もすこぶる良い業務用のレーザーコピー機Canon製で250万円くらいしました)を引き取ってもらおうと思って業者を呼んだのですが、細かいキズやなんやを指摘されまくって、結局「金を払うなら引き取ってやっても良い」という流れになったことがあります。それは正直「これが売れないなら売れるものなんて無い」という品物でした。その辺の記憶から、時間を使って業者を呼んでも結果は見えている…そんな風に思っています。

 

ということで、最大限自治体のサービスを利用することにしました。今回、最大の難物はベッド(無印の脚付きマットレス)でした。ポケットコイルで寝心地は最高だったのですが何せ場所を取る…ただでさえ狭い部屋のレイアウトが掣肘されて不便だったので、思い切って処分することにしたのです。

大阪市の場合、マットレスとベッド本体で合計1,900円で処分してもらえます。ちなみに粗大ごみ処理業者にお願いした見積もりだと1万5,000円でした。費用からいっても自治体にお願いしない手はありません。

他にも3台もあったプリンターを1台に減らし、使用頻度の低い家電を処分しました。巷で衣類などに適用される「不用品の3年ルール」を家中の物に適用して、恐らくは2度と使わないであろう物に関して、大鉈を振るったわけです。

 

私が一番、処分するか否かで悩んだのは、若い頃に仕事で酷使した画材の数々でした。間違いなく2度と使わない物のオンパレードでしたが「苦楽をともにした思い出」の威力は絶大で、これまで幾度もの断捨離の機会を生き抜いてきた古強者たちです。

150本を超える各種コピックロットリングを20数本、描き味の違う色鉛筆全色セットを5種類ほど、製図用具各種、用途の異なる消しゴムを数十個、インダストリアルデザインのカンプ絵に使っていたマーカーを数十本…どこかに寄贈すれば喜ばれるかも?などと考えたりもしましたが、今回は処分のスピードを最重視しました。

 

本当は「捨てる」という行為は好きではありません。「物を大切にしなければ」という良心の呵責が半端じゃないですし、「思い出を軽んじる行為」という気もして何気に滅入ります。と同時に「物からの開放」という甘美な悦楽が確かに存在するわけで…始末が悪い。まさにその辺りが世にいう「断捨離本」に書かれた内容の拠り所なのでしょうが。

 

ちなみに、長い間の懸案事項でもある腕時計の断捨離は一向に進んでいません(汗)これは「使わないこと」を自分自身の中で、処分理由として確立できていないからなのは明白です。

https://www.instagram.com/p/BrdXbgRny_W/

月イチの出番があるかな…というポジションのORIENT軍団。でもいなくなると淋しくなるのは容易に想像できるので困ります(涙)

 

腕時計の場合、というか私の場合ですが、そもそも使うから買ったという訳ではないらしい…のです。自分のことなのに曖昧でハッキリと断言できないのは、分析途中という事情があるからなのですが、とにかく処分しようと箱やらギャランティカードやらを集め始めると、頭の中のどこかで「ドナドナ」が流れてきます(泣)

 

考えてみれば、私の持ち物の中で純粋に趣味として買ったものは腕時計くらいです。靴も好きですが実用性の方が趣味性をはるかに上回り、底が減ったり歩きにくくなったりすれば問答無用で処分できてしまいます。洋服もしかり、私にとっては実用品の枠を出ません。

つまり、10の枠に対して10あれば事足りるのであれば、それは実用品として考えることができます。対して腕時計は本来、汎用性の高いデザインのモノを1本持っていればそれ以上の必要性はありません。私の場合、80本近くが余剰だったことになります。どう考えても「使うため」に買ったのだとすれば辻褄があいません。

趣味性の高いものほど捨てにくいのはまさにそこに理由があります。元々余剰扱いだったため、必要と不必要の線引きができないのです。最初から不要といえば不要なのですから。

 

それでも「腕時計の断捨離」を断行するならば、必要と不必要の判断以外に「残す時計」「手放す時計」を仕分けなければなりません。しかし私のコレクションの場合、残す時計の一番単純な基準になりそうな「高価な定番時計」がそもそも少なく、そこでの線引きすら難しい状況にあります。いつも読んでくださっている皆さまにはお解りのことでしょうが、斜に構えたブランドや時計が多すぎるのです「定番だから残そう!」だったり「レア物だから残そう!」だったり…都合よくできそうもありません。思えばどれもそれなりの思い入れで手に入れた時計ばかりなのです。

 

結局私には、腕時計を処分するという覚悟ができていないようです。もう一度、動機を明確にしてまずは「腕時計たちの親」である自分自身を納得させる結論を導き出したいと思います。しかしまぁ…これほどの難行だとは(;´∀`)

 

 

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメントする

Table of Contents