『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

【強欲NEWS】「FUTURE FUNK」にムラっときた!

  • URLをコピーしました!

【※このコンテンツはプロモーションを含みます】

腕時計は価格と価値が必ずしも比例しない「モノ」であると、個人的には思っています。搭載された機能や見た目以外の評価基準が多数あり、そこに「納得できるか否か」が最も重要な点です。そしてその非常に個人的な嗜好に委ねられた部分こそ、高級時計の「価格」をかさ増ししている要素であると思います。

 

それは「美術品に然り」といったところでしょうか。例えば100円均一で売られている器にバンクシーが一筆入れれば、それは莫大な価値を持つ現代美術に生まれ変わります。腕時計においても、エボーシュのムーブメントに少し手を入れただけの「疑似オリジナル」を搭載することで、価格の土台を大きく上増しする風潮があります。反面、凡百のエボーシュを徹底的に見直してその性能を限界まで引き出すという、ある意味オリジナルムーブを作ることより難しい工程を施すことに価値を見出したメーカーもあります。私自身はあまりムーブメントに拘る人間ではありませんが、ETAポン」を忌避する気持ちは解らないではありません。3、40万円を超える価格の時計については、中身にも「良い仕事」を求めたいものです。

 

極稀にですが、僅か数万円で売られている時計の中に、「これは!」と目を引く時計があります。この辺りの価格帯だと、モノの見方も緩くなって、なにか単純に「刺激」を求める方向に向かってしまいます。因みに私がここ数日、ポチろうかどうしようか迷っているのが「FUTURE FUNK」の時計です。

f:id:suna_fu_kin:20190622022549j:plain

「FUTURE FUNK」公式さんから

「FF104」というシリーズ。アメリカンレトロフューチャーなデザインがたまりません。

70年代に「JAZ社」が作ったローラー型デジタル時計をヒントに作られたこの時計、キリキリと数字が動く様は、まるでスパイ映画の金庫破りのシーンを見るようです。面白いヽ(゚∀゚)ノ 

この絶妙なダサさ、外し感。お洒落すぎないスタンスで装着者の年齢も問わないんじゃないでしょうか。スーツにも合いそう!

カラーバリエーションは「イエローゴールド」「シルバー」「ブラック」の3種類。私的には「イエローゴールド」が一番気になります。チープゴージャスな感じにムラムラしっぱなしです。

 

「FF104」(Ref.FF104-YG-RB)

ケースサイズ:44mm✕42mm

防水性能:3気圧

ムーブメント:クオーツ

価格:1万3800円

FUTURE FUNK | 公式サイト

 

因みに「FUTURE FUNK」さんは日本のブランドです。何だか意外に思いました。勝手にアメリカの新興ブランドか何かだと想像していたので…でも間違いなく、「アメ車とダブルのライダース」が似合うでしょう。

「FUTURE FUNK」さんには、他にも安くて面白い時計が沢山ありますよ。

 

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメントする