『ALL WATCH CLUB』に参加しませんか??

「白」と「黒」同型異色、それぞれのシーン(SEIKO sarb035とsarb033)

  • URLをコピーしました!

【※このコンテンツはプロモーションを含みます】

セイコーメカニカル「sarb035」「sarb033」という同型異色の腕時計を手元に揃えてみて、幾つか気がついたことがあります。

 

 

 

それを語る前に「sarb035(白ダイアル)を持っているにも関わらず、「sarb033(黒ダイアル)も買ってしまった男の心情について考えてみます。「同じ時計を2個」という、本来の私のポリシーを逸脱した買い物だったわけですが、その理由を問われれば、それはもう「欲しかったから」としか言えません。

 

suna-fu-kin.hatenablog.com

 

「035」を普段使いに興じる中で、この時計の「完成度」「ポテンシャル」「高い汎用性」の虜になってしまいました。「6R15」という、今となっては少々お高い系のキャリバー搭載という事実は腕時計好きをある程度満足させますし、「永遠の定番」とも言える38ミリ幅のケースは流行り廃りとは無縁の存在です。十分に高い質感は、実際スイス製の20万円オーバーの時計と比べても全く見劣りしません。

そして、その全体の「ニュートラルな雰囲気」が可能にするあらゆるシーンへの対応力。実際、カジュアルでもビジネスでも、恐らく略式のフォーマルくらいなら全くもって許される一本だと思います。

 

黒ダイアルの「sarb033」も揃えたことで確かになったことですが、「sarb035」「035」たる所以は、何といっても「ダイアルが白い」ことに尽きると思います。当たり前ですが「033」「035」は中身も含めて全く同型です。しかし、この2本には大きな違いがあります。それは「得意とするシーン」の違いです。

 

どちらも同様の汎用性を誇るわけですが、やはり「035」にはフォーマルよりのシーンが間違いなく似合います。それを先日、あらためて確認する機会がありました。

 

実は現在私が席を置く会社で、季節外れの「採用面接」がありまして、数年ぶりの面接官に駆り出されました。緊張しやすい私にとっては「苦手中の苦手」に属する役割。実際、自分としては学生さんとのやりとりが上手だとも思わないのですが、不思議と任されることが多い(汗)

自分なりに学生さんのプロフィールや作文の内容を頭に入れて、想定問答も組み立てました。厳しく見えるスーツは「圧迫感」が出そうだと考えて、ピンストライプの入ったスーツ(オシャレなんですがね)は避け、ブルー系のシンプルなスーツにピンドットの無地に近い青いネクタイという「超おとなし目」な装いで挑むことにしました。私なりに「学生さんを緊張させない」ことを念頭に知恵を絞ったわけです(;´∀`)

 

そして私的には真打ちの「腕時計」選びです。

 

最初、モーリス・ラクロアの「アイコン39」を使おうと考えていました。

 

suna-fu-kin.hatenablog.com

 

しかし余りに袖口が輝くのも如何なものか…と考え直しました。そうなんです。「アイコン39」はポリッシュ面なんか面積的にほとんどないのに、やたらキラキラなのです。普段は全然構わないと思います。とにかく美しいですし、見てるだけで惚れ惚れします。だけど「自分が主役になってはいけない」そんな席には何となく…そぐわないのです。

 

そこで選んだのが「sarb035」でした。

https://www.instagram.com/p/B561RksHMMJ/

 

わずかに黄色味がかった白すぎないダイアル。知性的なバー型のアプライドインデックス。 フォーマルに近い厳粛さが必要な面接のようなビジネスシーンに、過不足なく応えてくれました。ステンレスの光沢加減も最小限です。

面接官のお歴々の中で結果的に一番ペーペーだった私としては「恥ずかしくないクラス感と、失礼に当たらないポジション感」という無理難題に満点で回答してくれた時計として、ますます「sarb035」への信頼感が上がることになったわけです。

 

この写真だけである種の答え合わせができていると思いますが、やっぱり「ダイアルが白」ということが、今回のようなシーンでの活躍に繋がったと確信しています。これが黒ダイアルの「033」だったらどうでしょう?全くダメではありませんが、ほんの僅かな「場違い感」は避けられなかったでしょう。

 

これは「同型異色」を手にしてはじめて可能になった使い方であり、考え方だと思います。「035」しかなければ全部のシーンをそれで通そうとするでしょうし、「033」しかなければ、微妙な違和感に気付くチャンスすら生まれません。

 

 

ことさら「ドレスコード」などと大上段に構えて語るつもりはないのですが、「同型異色」という私にしては珍しい買い方をしてみると、自分でも意外なほど気付くことが多かったワケです。「そんなのあたりまえじゃん!」と思った上級者の方は「小さいことで可愛いヤツ♪」とでもせせら笑って下さいな(;´∀`)

ブログランキングに参加中です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share this article.
  • URLをコピーしました!

ご意見・ご感想

コメント一覧 (2件)

  • 「これは良い」と思ったモデルの色違いを購入。時計ファンあるあるです!ごく普通の行動だと思います(多分。。。)^^;オールドファンの場合、お気に入りモデルのステンレスと金色を揃える心理はごく一般的です(多分)ので。。。

  • seikomaticさま。
    そうなんですね!私もまだまだだなぁ~って思いました(笑)
    服ですら同型異色の買い方に背徳感を感じてしまう小心者です。
    オールドは敷居が高くて遠目に見ているだけですが、踏み込んだときには、心得のご教授お願いします(笑)

コメントする