腕時計喫茶

「微妙」な時計を愛してる

腕時計を忘れた日は「とても切ない」という話

二度目のお招きとなる「某人気小説家さん」主催のライブも無事に終了。他のライブ会場ではなかなか味わえない「わちゃわちゃ」した感じが楽しい時間でした。

ちなみに場所は京都木屋町「モダンタイムスさん」。これまでいろんなライブハウスさんや会場でお世話になってきましたが、モダンタイムスさんのフードメニューには感動!出番が終わったあとに一息つきながら食べるオムライスの旨さは格別です(*´∀`)

 

これぞライブハウス!ノリの良い音楽と旨いメシ、最高です(*´∀`*)

 

木屋町近所のリハーサルスタジオにて。この日はBulovaのAccutron II(96A155 )。ベリーファンキーな時計です。

 

今月(2019年11月)は2回のライブが予定されているので、リハーサルや練習がてんこ盛りです。普通のしがないサラリーマンで、体力的にも下降線の一途をたどるオッサンの私には、物心両面で余裕のないシーズンでもあります。とはいえ学生時代の音楽活動を入れるとすでに何十年もどこぞのステージに上がり続けているわけですから…私自身の自覚が薄いだけで、止められない楽しさなのでしょう(,,゚Д゚)

 

このライブに参加するために半ばムリクリ、3連休を取りました。部下にいや~な顔をされつつ取得する連休もオツなものです(;´Д`A

連休初日が京都のライブ本番。あとの2日は11月後半に予定されている神戸のライブのための練習日です。

その練習の2日目、私としては珍しく時計を忘れました。しっかり準備していたにも関わらず、早朝からのバタバタで気がつけば左腕が「アレ?淋しいよ」

 

恐らく年間で3回くらいは時計を忘れる日があります。時計好き「あるある」だと思いますが、時計を忘れると尋常じゃない淋しさが襲ってきます。

例えるなら…寄り添う友を忽然と失い、目の前に広がる美麗な景色すら全て色あせるというか…または「あ!パンツ履くの忘れた!」みたいな…そんな耐え難い切なさです。「そこまでのこと?」と言われることもあります。でも時計好きとはそういう生き物です。

 

我思う「時計好きは時計のみで生きるにあらず。されど時計なしでは生きるに能わず」

 

SHURE ダイナミックマイク SM58 スイッチ無し SM58-LCE 【国内正規品】

SHURE ダイナミックマイク SM58 スイッチ無し SM58-LCE 【国内正規品】