腕時計喫茶

「微妙」な時計を愛してる

【強欲NEWS】危なかったですよ。ホントに(ポルトギーゼを買いそうに)

令和2年初月の3週目が始まります。新年一発目の時計としてROLEXの「ミルガウス」を入手したご報告はすでにこちらでもさせてもらいました。まだ手元に来てホヤホヤ、喜び冷めやらずといったところです。

なのに昨日、あろうことかIWCの「ポルトギーゼ」他…を買いそうになりました。時計を見に行くつもりすらなく、IWCの「あ」の字も頭の中にはありませんでした。それならばなぜ…

 

事情はこうです。

昨日は前日からの体調不良を引きずって、いつもより少し…いや、だいぶ長く睡眠を取っていました。気がつけば昼の3時(@_@)

その時点で休みだと言うのに遠出はできなくなりました。電車に乗ってどこかに…それも帰り時間を考えると正直メンドクサイ。

ならばと、いつものコースではありますが、近所をウロウロお散歩しつつ、顔見知りのお店でお茶でも飲むかと考えました。そこは恐らく大阪でトップ10に入る珈琲の旨い店なんです。

近所と申しましても、ここは大阪市のど真ん中。本当になんでもあります。物欲を刺激するスポットがそれこそ地雷のようにそこかしこに配置されているのです。

 

もちろん「腕時計専門店」もございます。

 

小さな小さなお店なんですが、どちらかといえば玄人受けする高級腕時計が所狭しと置いてあります。ちなみに正規取り扱いのお店です。ですので、可愛い店構えとは裏腹に「お高い」のです。

そのお店は私の定期観測コースには入っていないのですが、なにかを感じたのでしょうか…「見てみよう」と思っちゃったのです。

 

入ってすぐ、1Fの手前にある陳列棚に「IWC」。想像より幅広いラインアップがギュッと詰まった感じで並んでいます。

実はジェンタデザインを捨てた「インヂュニア」を見ていなかったので、元インヂュニア使いとしては見ておきたかった…というのはありました。

 

あったあった!インヂュニア!

え!これ?

うそん(汗)

 

個性が売りだったかつての「インヂュニア」の面影は消え失せ、なんだか大人しいビジネスウォッチみたいになってしまいましたね(涙)売れないのかなぁ…こうでもしないと。

「ジェンタデザインの頃のインヂュニアの方が人気はありました」とは、スタッフの方の言葉…ふむふむと頷くしかありません。

人知れず心のなかで「追悼インヂュニア」みたいに落ち込んでいる私に、美しい時計たちに負けないくらい美しいスタッフの女性が教えてくれました。

 

「IWCの取り扱いを終えるので、今月から特別割引なんですよ」

 

まじか!っていう割引率でした。もう一度言いますが正規取り扱い品です。もちろん新品。

それが、並行品はおろか中古よりも安く買えちゃうのです。それを聞いた瞬間、私の強欲のスイッチがカチン!と入った音が聞こえました。

 

「ちょい待てや!あんた今月ミルガウス買うたがな!」

 

内なる常識人の声すらかき消す「特別割引」の魅力。それでも「近々また来ます」と伝えてお店を出た私をほめていただきたい。それくらい、このままここにいたらヤバい値引きだと思ったんです。

なんとか知り合いの店で落ち着こうとした私。しかし忘れないうちに今日ショーケースに残っていたIWCを調べておこうと、スマホを叩き続ける浅ましい根性(汗)そして「ポルトギーゼなら買えそうだ!」と熱を上げてしまったのです。

 

買ったばかりのこの子のことなんて完全に忘れて(;´∀`)

 

「ポルトギーゼ」は世の中にパクリ時計が溢れかえるほどのワールドスタンダードな時計です。シンプルなのにそこはかとない華やかさがある、ビジネスの場で節度をもって自己主張するにはもってこいの時計だと思っています。

私はIWCではパイロット系の「オートマティック36」を持っていますので、印象の異なるビジネス・ドレス系の「ポルトギーゼ」はいずれコレクションに加えたい時計の一つなのでした。「欲しいか?」と聞かれれば即座に「欲しい!」と言える時計なのです。特にこの「青針」がステキ!

 

 

しかし、知り合いの店で珈琲を頂きつつ時間が経過していく中で、ジワジワと冷静に物を考えられるようになってきました。カフェインの効力かどうかは分かりません。

そういえば「オートマティック36」の入手を目論んでいた頃、同時に「ポルトギーゼ」にも目が向いていたのを思い出しました。そして、とりあえずペンディング案件とした理由も蘇ってきたのです。

 

それは「防水性能」でした。確か「3気圧」だったと思います。

「オートマティック36」もせいぜい「6気圧」なので大差ないのですが、さすがに「3気圧」は心もとないと思ったのです。大雨の季節は避けるとしても、これだと暑がりの私の「汗」すら防御できるか怪しいわけで(;´∀`)

 

てなわけで、今回は冷静に見送ることができました。しかし、もしも手元に「オートマチック36」がなかったら…速攻でカードを切っていた可能性もありました。それくらいの衝撃がある「特別割引」でした。

紹介手数料が入るわけでもないですし、率先して紹介する義理はありませんが…「南海電鉄難波駅から5分の場所」とだけお伝えしておきます( ー`дー´)