腕時計喫茶

「微妙」な時計を愛してる

【ORIENT】質感最高!ソメスサドルのストラップがタマラン(WZ0121DK ORIENT STAR)

日本唯一の馬具メーカーであり、高品質のバッグや財布が魅力的な「ソメスサドル」と個性的過ぎるメイドインジャパンで知られる時計メーカー「オリエント」がコラボレーションしたモデルがある。

 

[オリエント]ORIENT 腕時計 ORIENTSTAR オリエントスター ソメスサドルモデル 機械式 自動巻(手巻付) WZ0121DK メンズ

極太のストラップ(レザーベルト)が重量感満点の「WZ0121DK」がそれだ。

ゆらゆらと鮮やかに色が変化するダイアルのグリーンと、シンプルだがしっかりと磨きこまれたケース。そしてどちらが本体か解らなくなるほどの存在感を放つベルトのコントラストはどうだ。こんなに愛おしい時計が税抜き¥78,000という幸福。

もちろん、考えるまでもなく購入。

横径44ミリ(リューズ除く)はオリエントスターの現ラインナップの中ではかなり大きめ。日本の時計が総じてロレックスを目指していたころのクラシカルな面影を残しつつも、オープンハートやバーインデックス、スモセコなどでカジュアルな今風さも併せ持つ。

実際何度も身に着けてみた感想としては、やはりベルトが上質だとストレスが少ないということ。手首が擦れて赤くなるようなことも一切ない。ベルトの適度な質量と太さが時計本体をぶれることなく支え続けるので、腕との一体感がものすごいのだ。

ケースはサテンと鏡面にきれいに磨き分けられ、サイズ以上の立体感を感じる。全身のコーディネートの中で相当な存在感を担うヘソになっているのではないか。

この時計本体で一番気に入ってるのは、立体感抜群のインデックスだ。丁寧な加工で実際より厚みを感じさせる。怪しくも美しいダイアルの煌めきと相まって、まるで小さな宝箱を覗き込むような幸福感がある。

キャリバー「40S62」 のまろやかな運針も見所。特別優秀なムーブメントではなかろうが、24石でパワーリザーブは約40時間。もちろん、オリエントお得意のパワーリザーブメーターも付いている。これがどれだけ便利な代物かは使ってみないとわからないと思う。あとどれくらいでゼンマイが切れるか把握できるだけで、機械式の不自由さの半分は感じなくて済むはずだ。

風防はもちろんサファイアガラス(無反射コーティング)なので、非常に美しい。

今、「日本製で、決して後悔しない機械式の腕時計が欲しい」と言われたら、一番にこの時計をお勧めする。価格以上の満足感を得られるはずだから。

というわけで、下手な写真を撮ってみた

f:id:suna_fu_kin:20171221022816j:plain

青バックにしてみた。おっさんがチラッと写りこんどるのはお許しを。

f:id:suna_fu_kin:20171221023051j:plain

美しい・・・これぞ日本の腕時計って感じですな。

f:id:suna_fu_kin:20171221023721j:plain

 ブライドルレザーなので、いずれは白く粉がふいたように変化するはず。この厚みを見てほしい。

f:id:suna_fu_kin:20171221023930j:plain

オリエントスターはデザインコードがしっかりと守られているので、中毒性がある。集めたい衝動がものすごい。

f:id:suna_fu_kin:20171221024221j:plain

このハンド(針)とインデックスが織り成す空間に惚れ惚れする。

f:id:suna_fu_kin:20171221024359j:plain

ケルトン仕様のバック。美しいムーブメントとは言い難いが、質実剛健でいいじゃないか。