腕時計喫茶

「微妙」な時計を愛してる

LONGINES(ロンジン)

モノプッシャークロノを嗜む

20世紀初頭のスタイルを色濃く残すクロノグラフといえば「モノプッシャー仕様」のクロノ。珍しさもあって私も一本くらいは手元に置いておきたいと考えていました。ってなわけで、今回は久々に強欲を発動して入手した「ロンジンヘリテージコレクション」のお…

幼い記憶に刻まれた腕時計ブランド

幼心に刻まれた腕時計ブランド「ラドー」と「ロンジン」。名門でありながらも近年は決してメディアを賑わす存在ではありませんでした。 しかしここ数年、どちらも面白い方向にラインアップが充実。果たして古豪の復権はあるのか!?今回はその辺のお話です。

今さら「LONGINES」でもあるまいに…と思っていた愚かな自分

何となく年寄りくさいイメージのある「ロンジン」というブランド。これといって話題にも登らない地味な存在ですが、それは正しい評価と言えるのでしょうか?歴史をさらりと辿りつつ。現行のコレクションを評価してみたいと思います。

やはり「良い時計」は目に焼き付く(グランドセイコー SBGR315)

私の自宅と勤務先との距離はちょうど一駅分しかありません。地下鉄に乗って行くことも可能ですが、少し遠回りになるので全体の所要時間でいうと徒歩とあまり変わらなくなります。なので健康のため(ダイエットのため?)歩くことにしています。帰り道はほぼ1…

最初の一本は「冠婚葬祭」に使えるものを買うべし

これはあくまで経験則からくる結果論に過ぎないのですが、最初に買う時計は白かシルバーのダイアル、SSのケース、黒革のストラップといった特徴に合致したモノを買うべきだと思います。言うまでもなくそれは「冠婚葬祭」に「使っても失礼に当たらない」時計…

時計は顔が命

そういえばiPadのカメラってあんまり使ってないなーとか、ふと思って。 撮影ボックスで照明当てて写真を撮っては、インスタに上げたりしてます。カメラレンズの位置的に撮影ポジションは限られてくるのですが、なんか・・・WG-50より自然な写真が撮れたりし…